【高等学校等就学支援金制度】私立高校の授業料の一部を国が学校に支給する。

【高等学校等就学支援金制度】私立高校の授業料の一部を国が学校に支給する。

 

もらえるお金 届出先
年額11万8800円


2014年度から
年収910万円以上は
支給なし

私立高等学校、国立高等学校

 

2010年、公立高等学校の授業料が一律無償化となり,
同時に私立高等学校の生徒のために

 

「高等学校等就学支援金制度」が設けられました。

 

私立高校の授業料について、
1人あたり年額11万8800円が支給されます。

 

また保護者の年収が
250万円未満の世帯では
月額9900円が加算され、

 

250万円から350万円未満の世帯では
月額4950円が加算されます。

 

支援金は学校に支給され、学校は授業料の一部と相殺しています。

 

生徒は授業料から支援金が差し引かれた額を学校に納めます。

 

なお2014年4月からは、高校の授業料無償化に所得制限が設けられ,
世帯年収910万円以上の世帯は授業料が全額負担とされます。

 

一方,所得制限で余った財源で、
年収約250万円未満の世帯を対象に

 

返済の必要のない「給付型奨学金」が,
新設される方針です。

 

国の給付型奨学金制度は初めての導入になります。

 

文部科学省のHP参照
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm