【私立高等学校等授業料軽減助成】私立高校の授業料を軽減し,無償化を進める自治体も

【私立高等学校等授業料軽減助成】私立高校の授業料を軽減し,無償化を進める自治体も

もらえるお金 届出先
授業料が軽減または無料に


自治体によって制度の有無、
内容が異なります

私立高等学校

 

都道府県や市などの地方自治体でも、
独自の
「私立高等学校等授業料軽減助成」
を行っています。

 

これは,私立高校に通う生徒の保護者の
経済的な負担を軽減するために、
授業料の一部を助成する制度です。

 

前記事の「高等学校等就学支援金
とあわせて受けることができます。

 

東京都を例にとると、
東京都私学財団が同事業を行っています。

 

年収が約760万円未満の家庭が対象で、
軽減額は収入に応じて年間10万2800円から18万9400円。

 

高等学校等就学支援金と合算して、
保護者が支払う授業料と同じ金額までが助成されます。

 

また大阪府は私立高校の授業料の無償化を進めています。

 

2011年度から行われていて、
大阪府在住の年収約610万円未満の世帯が対象です。

 

高等学校等就学支援金に加えて,
府独自の「私立高等学校等授業料支援補助金」
を支給することにより,

 

私立高校の授業料を実質無償化しています。

 

年収約800万円未満の世帯については、
授業料が年額10万円の負担で済むようになっています。