【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度

【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度

 

 

もらえるお金 届出先
最大65万円が減税に


住宅のタイプによって減税の上限が変わります

自分の住所地を所管する税務署

 

「住宅ローン減税」は、
10年以上の住宅ローンを組んでいる人しか利用できませんでしたが、
ローンを組まずに自己資金だけで取得しても減税される制度があります。

 

一般の住宅よりも耐震性や劣化対策などに配慮した
「長期優良住宅」を建てる場合に適用される制度で
「投資型減税」と呼ばれています。

 

「投資型減税」の対象となるのは
「年間所得金額3000万円以下の人」が、

 

「床面積が50u以上の『長期優良住宅』
を新築するか取得した場合」の、

 

「長期優良住宅の認定基準に適合するために
必要となる『標準的なかかりまし費用』」です。

 

2014年4月以降は「低炭素住宅」も対象になります。

 

減税額は下の図のように、
2014年3月までは「標準的なかかりまし費用」
の上限額は500万円で、
そのうち10%が減税なります。

 

2014年4月以降は上限額が650万円に増えますが、
そのうちの10%が減税になることは変わりません。

 

減税期間は「住宅ローン減税」と違って1年のみ。
「入居した年」の所得税が減税なります。

 

もし減税しきれない金額あるときには、
翌年の取得税から減税されます。

 

「標準的なかかりまし費用」は、
2014年3月までは,建築構造によって異なります。

 

2014年4月以降は床面積1u当たり一律4万3800円になります。

 

 

 

投資型減税の所得税減税額

 

入居した日 2014年3月まで 2014年4月から2017年12月
対象となる住宅 長期優良住宅 長期優良住宅・低炭素住宅
標準的なかかりまし費用の上限額 500万円 650万円
減税額 10% 10%
最大控除額 50万円 65万円

 

 

床面積1u当たりの標準的なかかりまし費用

 

建築構造 2014年3月まで 2014年4月から2017年12月
木造・鉄骨造 3万3000円 4万3800円
鉄骨鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造

3万6300円 4万3800円
上記以外の構造 3万3000円 4万3800円