【所得税の還付】離職して再就職しなかったら所得税が還付される

【所得税の還付】離職して再就職しなかったら所得税が還付される

もらえるお金 届出先
税金が戻ってくる


自分で確定申告しなければもらえないので注意

自分の住所地を所轄する税務署

離職して年内に再就職しなかった人が、
翌年に確定申告をして、

 

納めすぎた所得税が戻ってくるのが
所得税の還付です。

 

会社員の所得税は、
毎月の給与から源泉徴収として天引きされています。

 

天引き金額は、
12ヶ月分の収入を前提にした所得税の概算額です。

 

そのため年末になると、
会社が「年末調整」をして精算してくれます。

 

多くの場合、還付があります。

 

移植しても同じ年のうちに再就職した人は、
新しい雇用先が、
前の職場の分も含めて年末調整をてくれます。

 

離職してその年のうちに再就職しなかった人は、
自分で確定申告をする必要があります。

 

その年の収入額が減っているため、
12ヶ月分の収入を前提にした金額では、
納めすぎの状態です。

 

しかも、在職中に天引きされていた
源泉徴収の金額自体も概算額ですので、
確定申告により精算が必要なのです。

 

確定申告について、
税務署から連絡してくることはありません。

 

退職した翌年以降5年以内であれば申告できます。
忘れずに行くようにしましょう。