お金がもらえる制度

【保存版】知っておきたい!他にもお金がもらえる制度がある記事一覧

最近話題のせいかふるさと納税される方が多いですね。ここでは簡単にふるさと納税について説明していきます。もらえるお金届出先所得税・住民税が控除適用2000円を超える部分が控除の対象市区町村自分の住んでる町や故郷などの自治体に寄付をすると税金面で控除を受けられます。これがふるさと納税です。制度名を見ると税金を納めるのかと、間違える人もいるかもしれません。この制度では、個人が一定限度額まで寄付を行うと、...

もらえるお金届出先月約5万円まで非課税勤務先に制度があれば利用できます勤務先の確定拠出年金担当部署年金は「世代間扶養」の仕組みなので、自分の納めた保険料が、そのまま自分の年金としてかえってくるわけではありません。今後65歳以上の人口は増え続け、2012年には65歳以上の1人の年金を、20歳から64歳の現在世代約2.4人で支え、2050年には1.2人で1人を支えると推測されています。将来自分がもらえ...

もらえるお金届出先株などの配当や売却益が非課税に。最長5年間で計500万円が非課税の対象各金融機関2013年12月末で株式や投資信託などの売却益の軽減税率10%が廃止されました。14年1月からは税率が20%に戻ります。それに合わせて導入されるのが「少額投資非課税制度」、「NISA」といいます。この制度は、年間100万円を上限とした上場株式や公募株式投資信託などの売買をすると、それで儲けた利益や配当...