老後にもらえるお金

【保存版】知っておきたい!老後にもらえるお金記事一覧

もらえるお金届出先最大年額77万8500円年金事務所などで手続きしないともらえません市区町村、年金事務所老後の生活費を支えてくれる社会保障の一つに、公的年金があります。現在、高齢者世帯では、支出の約7割を年金で賄っているようです。年金は、誰でも同じ年金額を受け取れるものではありません。職業によって加入する年金制度が異なり、加入した期間、納めた保険料によって、受け取る年金額は異なります。年金制度の仕...

もらえるお金届出先給料や勤めていた期間によって異なる年金事務所などで手続きしないともらえません年金事務所「老齢厚生年金」をもらうためには、老齢基礎年金の受給資格期間(25年加入)を満たしていなければなりません。老齢基礎年金を満たしていて、厚生年金に1年以上加入していれば、65歳前から老齢厚生年金が受け取れます。2001年4月から支給開始年齢が引き上げられています。2025年には男性が、2030年に...

もらえるお金届出先全額〜4分の1を免除将来受け取る年金額は幾らか減ることになります市区町村、年金事務所「厚生年金」や「共済年金」の保険料は給与からの天引きになりますが、「国民年金」の保険料は自分で納めます。保険料は毎月納めるのが原則ですが、収入減少や失業などの事情で保険料を納めることができない状況もあるでしょう。そのようなときは保険料未納のままにせず、市町村免除や納付の猶予の申請をしましょう。未納...

もらえるお金届出先月給と年金の合計が28万円超で減額給料が46万円を超えるとさらに減額に年金事務所現在、65歳前に受け取れる年金は老齢厚生年金だけで平均は10万円前後です。60歳で退職すると年金受給まで、退職金や貯蓄を切り崩して生活しなくてはなりません。2013年4月に高年齢者雇用安定法が施行されて、会社は65歳まで希望する人を全員雇用することが義務づけられました。65歳前に老齢厚生年金をもらいな...

もらえるお金届出先1ヶ月あたり0.7%増逆に繰り上げると0.5%ずつ減額に年金事務所、市区町村老齢基礎年金の受給の仕方について、よく質問を受けることがあります。内容は「年金の繰り上げ」と「繰り下げ」ではどちらがもらえるお金が多くなりますか?というものです。本来、老齢基礎年金は65歳から支給されますが、本人が希望すれば60歳から64才までの時期から年金をもらい始めることもできます。これを「繰り上げ受...

もらえるお金届出先年額約39万円子供がいるとさらに加算されます年金事務所厚生年金に長く加入していると65歳以降に、扶養手当のようなものが加算される場合があります。これを「加給年金」と言います。加給年金をもらうためにはいくつかの要件があります。まず被保険者(男女の区別はありませんが、多くの場合は夫)の要件として、厚生年金に20年以上加入していることが必要です。配偶者(多くの場合は妻)は、@65才未満...

もらえるお金届出先年額15000円〜92500円夫がなくなっても支給は生涯続きます市区町村、年金事務所このページでは「加給年金」に触れましたが、被保険者の年金に加算されていた「加給年金」は配偶者が65歳に達すると打ち切られます。その「加給年金」の代わりに、65歳の年金支給開始からは「振替加算」始まります。「振替加算」の額は、配偶者の生年月日によって異なります。配偶者が1966年4月2日以後生まれの...

もらえるお金届出先700万円まで利息が非課税に障害者や勤労者が対象の制度があります各金融機関、勤務先ある一定の要件を満たした人に限り、金融商品にかかる利子所得が非課税とされる制度に「非課税貯蓄制度」があります。利子所得にかかる税率が非課税になる制度です。要件を満たしていれば利用したい制度です。以前は65歳以上の人を対象とした「マル優」「特別マル優」の非課税貯蓄制度がありましたが、2005年末で廃止...

もらえるお金届出先窓口負担は1割70から74歳は2割負担にあがる予定市区町村元気だった方も、高齢になれば医療のお世話になることが増えてくるでしょう。65歳以上の人が加入する医療制度を「高齢者医療制度」と言います。2008年4月から制度が変更になり、「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つに分けています。「前期高齢者」は65歳以上75才未満の人が加入する医療制度。65歳以前に加入していた国民健康保険と健...