在職老齢年金

【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります

 

もらえるお金 届出先

月給と年金の合計が
28万円超で減額

 

給料が46万円を
超えるとさらに減額に

年金事務所

 

現在、65歳前に受け取れる年金は老齢厚生年金だけで平均は
10万円前後です。

 

60歳で退職すると年金受給まで、
退職金や貯蓄を切り崩して生活しなくてはなりません。

 

2013年4月に高年齢者雇用安定法が施行されて、
会社は65歳まで希望する人を
全員雇用することが義務づけられました。

 

65歳前に老齢厚生年金をもらいながら、
働き続ける場合、給料が一定額を超えると年金が減額、
支給停止されることがあります。

 

これを「在職老齢年金」と言います。

 

65歳以降も働き続けると年金が調整されますが、
ここでは、60歳から65歳までの
在職老齢年金について見ておきましょう。

 

毎月の給与と過去1年間の賞与の12分の1(毎月の額)と
年金月額を合計した額が28万円を超えると、
超えた額の半分が年金から減額となります。

 

46万円を超えると、さらに減額幅は大きくなる仕組みです。

 

厚生年金の被保険者であるので、
給料に応じた保険料も天引きされます。

 

しかし、アルバイトや嘱託社員など
労働時間が週30時間未満であれば、

 

厚生年金に加入する必要はなく、
年金は調整されません。

 

参考になれば嬉しいです。

 

【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります関連ページ

【老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよう
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよ
【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます
【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます
【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます
【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります
【高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。
高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。