振替加算

【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます

もらえるお金 届出先

年額15000円〜92500円

 

夫がなくなっても
支給は生涯続きます

市区町村、年金事務所

 

このページでは「加給年金」に触れましたが、

 

被保険者の年金に加算されていた
「加給年金」は配偶者が65歳に達すると打ち切られます。

 

その「加給年金」の代わりに、
65歳の年金支給開始からは「振替加算」始まります。

 

「振替加算」の額は、配偶者の生年月日によって異なります。

 

配偶者が1966年4月2日以後生まれの場合、
「振替加算」はもらえなくなります。

 

前述のように配偶者が年上の場合、
「加給年金」は支給されませんが、
「振替加算」は支給されます。

 

この場合、被保険者が65歳を迎えて
老齢厚生年金・老齢基礎年金の支給が開始されたときから、
配偶者に対して「振替加算」が行われることになります。

 

配偶者が「振替加算」をもらい始めた後に、
被保険者が死亡しても支給は生涯続きます。

 

もし、65歳前に離婚をしてしまうと「振替加算」は行われないまま、
権利を失うことになります。同時に「加給年金」の権利も失ってしまいます。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます関連ページ

【老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります
【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよう
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよ
【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます
【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります
【高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。
高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。