高齢者医療制度

【高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。

 

もらえるお金 届出先

窓口負担は1割

 

70から74歳は
2割負担にあがる予定

市区町村

 

元気だった方も、高齢になれば
医療のお世話になることが増えてくるでしょう。

 

65歳以上の人が加入する医療制度を
「高齢者医療制度」と言います。

 

2008年4月から制度が変更になり、
「前期高齢者」「後期高齢者」の二つに分けています。

 

「前期高齢者」は65歳以上
75才未満の人が加入する医療制度。

 

65歳以前に加入していた国民健康保険と
健康保険にそのまま加入し、
継続するような形です。

 

「後期高齢者」は、
75才以上の人が加入する医療制度です。

 

今まで加入していた保険から脱退し、
独立した医療制度に移行する形になります。

 

75歳と住んでいる市区町村から
後期高齢者の被保険者証が送付されます。

 

保険料はその人の取得に応じて違ってきます。

 

原則として保険料は年金から天引きに。

 

病院の窓口負担は、70歳以上は1割負担です。

 

ただし、高所得者の場合(課税所得が145万円以上で
かつ単身世帯の場合は年収383万円、
2人世帯以上の場合は年収520万円以上)の負担割合は3割です。

 

70歳から74歳までは、2014年度から2割負担となります。

 

参考になれば嬉しいです!

 

【高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。関連ページ

【老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります
【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよう
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよ
【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます
【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます
【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます
【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります