雑損控除・災害減免法

【雑損控除・災害減免法】災害にあった時、確定申告で所得税の控除が受けられます。

 

もらえるお金 届出先

所得税全額が控除となる場合も

 

確定申告をする必要があります

自分の住所地を所轄する税務署

 

自然災害や盗難などの予期せぬ事態に遭遇し、
資産を失うことがあります。

 

損害を受けた資産の救済策として、
確定申告をすると税制面で有利になります。

 

このようなとき利用できるのが
「雑損控除」または「災害減免法」です。

 

「雑損控除」では、自然災害や盗難、
または横領によって資産を損失した場合に、
所得控除が受けられます。

 

対象になるのは「生活に通常必要な
住宅、家具、衣類」などの損失です。

 

一方の「災害減免法」では、
自然災害によって資産を損失した場合に、
所得税の軽減免除が受けられます。

 

対象になるのは「住宅や家財の損害金額が時価の2分の1以上であること」です。

 

災害にあった年の所得額が1000万円以下の人は
「雑損控除」と「災害減免法」のどちらにも申告できますが、
1000万円超の人は「雑損控除」しか利用できません。

 

どちらで申告するか迷う時は控除額を算出し、
税金面で有利になる方を選ぶと良いでしょう。

 

ただし,「雑損控除」は損害額の繰越ができます。

 

【雑損控除・災害減免法】災害にあった時、確定申告で所得税の控除が受けられます。関連ページ

【被災者生活再建支援制度】自然災害で家が全壊、大規模半壊した場合に支給されます。
被災者生活再建支援制度】自然災害で家が全壊、大規模半壊した場合に支給されます。
【災害援護資金】生活を再建する時にお金を貸しつけてくれる制度です
【災害援護資金】生活を再建する時にお金を貸しつけてくれる制度です
【災害見舞い金】自然災害や火災被害を受けた被災者への見舞い金のことです
【災害見舞い金』自然災害や火災被害を受けた被災者への見舞い金のことです
【災害弔慰金】自然災害で亡くなった人の遺族に支給されます
【災害弔慰金】自然災害で亡くなった人の遺族に支給されます
【災害障害見舞い金】自然災害が原因で障害が残った場合に支給されます。
【災害障害見舞い金】自然災害が原因で障害が残った場合に支給されます。