亡くなったときにもらえるお金

【保存版】知っておきたい!亡くなったときにもらえるお金記事一覧

もらえるお金届出先5万円〜請求は2年以内市区町村(国保の場合)健康保険組合協会けんぽの都道府県支部人の死は悲しいことですが、それでも残された家族はさまざまな手続きをしなければいけません。被保険者や被扶養者が亡くなったとき、それまで加入してた健康保険に健康保険証を返却し、埋葬料支給の手続きをします。手続きをすると葬儀を行った人に対してお金が支給されます。被保険者が死亡して、葬儀を行った家族に支給され...

もらえるお金届出先78万円子供がいると加算されます市区町村年金事務所一家の生計を支えていた人が亡くなると、家族の生活は苦しくなります。そんな時役立つのが、公的年金の加入者で要件を満たしている人の遺族に支給される「遺族年金」です。「遺族年金」には、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」「寡婦年金」などがあります。亡くなった人が加入していた年金制度や死亡時の年齢、子供の有無などによって支給される年金は異なり...

もらえるお金届出先老齢厚生年金の4分の3夫や父母、孫、祖父母も受け取れます年金事務所会社員が加入しているのは、厚生年金と国民年金(第2号被保険者)です。もし会社員が亡くなった場合は、厚生年金から遺族厚生年金、国民年金から遺族基礎年金が支給されます。遺族基礎年金が支給されるのは、子と子のいる妻が残された場合です。一方、遺族厚生年金は、亡くなった人に生計を維持されていたことを条件に、子のいる妻はもちろ...

もらえるお金届出先年額約58万円遺族基礎年金の後65歳まで支給されます年金事務所「遺族厚生年金」には、子供がいない40歳以上の妻に年金が加算される「中高齢寡婦加算」という制度あります。残された妻には心強い制度の一つです。中高齢寡婦加算額は、58万3900円で、妻の年齢が40才以上65歳未満が条件です。夫が死亡すると「遺族年金」として、要件を満たしていれば「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」両方が支給...

もらえるお金届出先基礎年金の4分の3老齢高齢年金を受給するまでのつなぎの年金市区町村、年金事務所自営業者などの第1号被保険者の夫を亡くした妻に支給されるのが「寡婦年金」です。夫が、何の年金も受け取らずに亡くなると、年金保険料が掛け捨てになってしまいます。そのようなことがないように残された妻への年金です。「寡婦年金」を受給できるのは、60歳から65歳になる誕生月までです。「老齢基礎年金」を受給するま...

もらえるお金届出先最大32万円寡婦年金と比べて多い方を受け取ることもできます。市区町村、年金事務所国民年金の第1号被保険者(自営業を営んでいたなど)として保険料を納めた期間が3年(36ヶ月)以上ある人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受け取らずに亡くなった時に、遺族に死亡一時金が支給されます。受け取る遺族は、亡くなった人と生計を同じにしていた人で優先順位があります。配偶者・子・父母・孫・祖父...

もらえるお金届出先最大で賃金の245日分1,000日分まで前払いを受けることも可能です労働基準監督署「労災保険」に加入していた人が、勤務上や通勤途上などになくなった場合に受け取るのが「遺族補償給付」です。「遺族補償給付」には、労働者が業務上の事由により、死亡した時に支給される「遺族補償年金」と「遺族補償一時金」の2種類があります。どちらが給付されるかは、遺族によって異なります。例えば、年金が支給さ...

もらえるお金届出先失業給付分の金額申請は亡くなってから1ヶ月以内ハローワーク(公共職業安定所)失業中に「失業給付」をもらっていた人が亡くなった時、遺族は本人がもらうはずだった「失業給付」(死亡日の前日までの基本手当)を受けとることができます。これを「未支給失業給付」と言います。受給できる優先順は、亡くなった人と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の中の1人だけです。本来「失業...

もらえるお金届出先最大で年金2ヶ月分亡くなった人と生計を同じくする人が請求できます年金事務所年金を受給していた人が亡くなった時は、「年金受給権者死亡届(報告書)」を、年金事務所などに提出しなければなりません。例えば、年金の4、5ヶ月分は6月15日に支給されるようになっています。2ヶ月分ずつ後払いで偶数月に支給されます。年金は死亡した月まで受給できるので、亡くなった月によって1ヶ月分または2ヶ月分の...