遺族厚生年金

【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です

 

もらえるお金 届出先

老齢厚生年金の4分の3

 

夫や父母、孫、祖父母も
受け取れます

年金事務所

 

会社員が加入しているのは、
厚生年金と国民年金(第2号被保険者)です。

 

もし会社員が亡くなった場合は、
厚生年金から遺族厚生年金、
国民年金から遺族基礎年金が支給されます。

 

遺族基礎年金が支給されるのは、
子と子のいる妻が残された場合です。

 

一方、遺族厚生年金は、
亡くなった人に生計を維持されていたことを条件に、
子のいる妻はもちろん、子のいない妻も支給され、

 

夫、父母、孫、祖父母なども対象です。

 

遺族厚生年金には優先順位があります。
年金額は、被保険者の報酬と勤続年数によって決まります。

 

入社して間もないなど、
会社員の期間が25年に満たない場合でも、
25年勤めたこととして計算されます。

 

(短期要件といいます。25年の保障があることで、
年金額が少なくならないようにしてあります)。

 

また、25年以上勤めた人などは実際の勤続年数で計算します(長期要件)。

 

遺族厚生年金の支給要件

 

@厚生年金の被保険者
A被保険者期間中の傷病が元で
初診の日から5年以内に
死亡した場合
B老齢厚生年金の
資格期間を満たした人
C1級・2級の
障害厚生年金を受けられる人

 

*保険料納付用件は、遺族基礎年金と同じ
*@ACは短期要件、Bは長期要件といい
年金額の計算方法が異なります

 

受給者の要件と順位

 

@配偶者または子
A父母
B孫
C祖父母

 

*30歳未満の子のいない妻へは
5年間の有期給付。
*子、孫の用件は遺族基礎年金の子の要件と同じ
*夫、父母、祖父母は被保険者が
亡くなった時55才以上であること。
給付は60歳から。

 

【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です関連ページ

【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます