寡婦年金

【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます

 

もらえるお金 届出先

基礎年金の4分の3

 

老齢高齢年金を
受給するまでのつなぎの年金

市区町村、年金事務所

 

自営業者などの第1号被保険者の夫を亡くした妻に支給されるのが
「寡婦年金」です。

 

夫が、何の年金も受け取らずに亡くなると、
年金保険料が掛け捨てになってしまいます。

 

そのようなことがないように残された妻への年金です。

 

「寡婦年金」を受給できるのは、
60歳から65歳になる誕生月までです。

 

「老齢基礎年金」を受給するまでの
つなぎの年金と考えて良いでしょう。

 

支給される年金額は、夫がもらえる予定だった第1号被保険者期間だけで
計算した老齢基礎年金の4分の3です。

 

ただし、夫の死亡時に妻が60歳未満であれば、
60歳なるまで支給はされません。

 

受給の要件は、
@亡くなった夫が国民年金に25年以上保険料を納めている
(保険料免除期間を含む)

 

A夫と10年以上婚姻関係にあり
(事実上の婚姻関係含む)生計を維持されていたことが条件です。

 

ただし、夫が生前に「障害基礎年金」や「老齢基礎年金」を受給していたり、
妻の年齢が65歳未満で自分の老齢基礎年金を
「繰上げ受給」をしていると「寡婦年金」は受け取れません。

 

【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます関連ページ

【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます