遺族補償年金

【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です

 

もらえるお金 届出先

最大で賃金の245日分

 

1,000日分まで前払いを
受けることも可能です

労働基準監督署

 

「労災保険」に加入していた人が、
勤務上や通勤途上などになくなった場合に受け取るのが
「遺族補償給付」です。

 

「遺族補償給付」には、労働者が業務上の事由により、
死亡した時に支給される
「遺族補償年金」と
「遺族補償一時金」
の2種類があります。

 

どちらが給付されるかは、
遺族によって異なります。

 

例えば、年金が支給される遺族は、亡くなった人の収入によって
生活していた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹で、
妻以外は年齢の条件があります。

 

遺族補償年金もらえる条件に該当する人が1人もいない場合は、
遺族補償一時金が支払われます。

 

このように遺族基礎年金や遺族厚生年金とは違って、
遺族補償年金は一家の生計の担い手が亡くなることによって、
その家族がどのくらい困窮するのかを反映しているのかが特徴です。

 

遺族補償一時金の金額は、
給付基礎日額、算定基礎日額の
それぞれ1,000日分と、
特別支給金300万円を合計した額です。

 

優先順位の高い人が死亡や再婚をして受給権を失うと、
次の順位の人に受給権が移ります。

 

これを「転給」といいます。

 

「遺族厚生年金」は「転給」できないので、
「遺族補償年金」は遺族に手厚い年金といえます。

 

「遺族補償年金」の額は、
生計を維持していた遺族の数に応じて決まります。

 

毎年、2月、4月、6月、8月、10月、12月の
6回に分けて支払われます。

 

金額は給付基礎日額の153日分から245日分となっています。

 

さらにボーナスなど特別給与もとに
算定する「遺族特別年金」も支給されます。

 

金額は算定基礎日額
(原則として災害発生前1年分のボーナス等を365で割った金額)
の153日分から245日分です。

 

一家の働き手が亡くなると、
一時的に出費が多くなることあります。

 

そんなときは、「遺族補償年金」の前払いを1回だけ受けられる、
遺族補償年金「前払一時金」の制度が利用できます。

 

金額は、給付基礎日額の200日分、400日分、
600日分、800日分、1000日分から選択します。

 

「前払一時金」を受けると、
一時金の額に達するまで年金は支給停止となります。

 

 

遺族補償年金の受給権者と順位について

@妻、または60歳以上か一定障害の夫

 

A18歳に達する日以後の最初の3月31日までの
間にある子または一定障害の子

 

B60歳以上または一定障害の父母

 

C18才に達する日以後の最初の3月31日までの
間にある孫または一定障害の孫

 

D60歳以上または一定障害の祖父母

 

E18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある兄弟姉妹、
または60歳以上か一定障害の兄妹姉妹

 

F55才以上60歳未満の夫

 

G55才以上60歳未満の父母

 

H55才以上60歳未満の祖父母

 

I55才以上63未満の兄妹姉妹

 

遺族補償年金の額

 

遺族の数 遺族(補償)年金の年金額 遺族特別年金の年金額
1人

給付基礎日額の153日分
55才以上の妻または一定の障害の状態にある妻の場合は給付基礎日額の175日分

算定基礎日額の153日分
55才以上または一定の障害の状態にある妻の場合は算定基礎日額の175日分

2人 給付基礎日額の201日分 給付基礎日額の201日分
3人 給付基礎日額の223日分 給付基礎日額の223日分
4人 給付基礎日額の245日分 給付基礎日額の245日分

 

【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です関連ページ

【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます