【児童手当】中学生までの子供がいると保護者がもらえます。

【児童手当】中学生までの子供がいると保護者がもらえます。

 

もらえるお金 届出先
月額5千円〜1万5千円 市区町村

 

子供が健やかに成長することを目的として,子育て家庭を経済的に支援するために、
子供の保護者に支給されるのが「児童手当」です。

 

ここ数年の間に制度が目まぐるしく変わっているのは,
皆さんもご存知のことでしょう。

 

その経緯を簡単に説明すると、
もともとは児童手当という名称だったものが、

 

民主党政権の政策として、
2010年4月からは,子ども手当になりました。

 

所得制限の撤廃され、
中学生以下の子供がいるすべての家庭に支給されるようになったのです。

 

その財源確保のため、
所得税と住民税の「年少扶養控除」が廃止されました。

 

2012年4月には名称が,児童手当に戻り,
同6月には所得制限も導入されて,
現在に至っています。

 

現行の「児童手当」の支給額は、
子供の年齢によって異なります。

 

下の図のように0歳から3歳未満は月額1万5000円、
3歳から小学校修了までは月額1万円(第3子以降は1万5000円)、
中学生は1万円となっています。

 

所得制限があり,年収960万円(夫婦・児童2人世帯)以上の人は、
特例給付として当分の間をもらえますが、
0歳から15歳まで月額一律5000円です。

 

児童手当の支給は市区町村からとなります。

 

毎年2、6、10月に、
前月までの4ヶ月分がまとめて振り込まれます。

 

公務員は市区町村ではなく,
勤務先から支給されます。

 

現在のところ年少扶養控除廃止されたままです。

 

年少扶養控除では、
所得から、15歳までの子供1人につき
所得税38万円と住民税33万円が控除されていました。

 

それがなくなり,実質的に収入減になっている人もいます。
年少扶養控除の復活を望む声がよく聞かれます。

 

 

児童の年齢 児童手当の額

(1人当たり月額)

3歳未満 一律1万5000円
3歳以上小学校修了前 1万円(第3子以降は1万5000円)
中学生 一律1万円