借り換えの為の住宅ローンは金利が低い

 

借り換えの為の住宅ローンは金利が低い

 

住宅ローンの借り換えとは、
今の住宅ローンよりも低い金利のローンを組んで得た資金で、

 

相対的に高い金利になっている
今のローンを一括返済することを言います。

 

例えば、金融機関で最初の固定期間だけ
金利を大幅に優遇する【当初期間優遇】という種類の
金利優遇を選んだとすると、

 

最初のうちは、とても金利が低くなります。

 

この固定期間がすぎると、優遇幅が小さくなり、
結果的に金利が上昇するということが起こります。

 

また、旧住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)でローンを組んだ場合、

 

当社の10年間は、金利が低く抑えられ、
11年目以降に金利が上がる段階金利という仕組みになっていました。

 

なかには当初10年間の金利は、2.0%で、
11年目以降は、それが、4.0%になる条件でローンを組んだ人もいるようです。

 

このように住宅ローンの金利が高くなる局面では、
金利が低いローンに借り換えることも一つの手段です。

 

各金融機関とも借り換えのためのローンは、
金利を低く設定し、自社に顧客を取り込うとしています。

 

うまく活用すると、返済額の削減に使うことができます。

 

 

借り換えの為の住宅ローンは金利が低い関連ページ

住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローン借り換え時にかかる費用
住宅ローン借り換え時にかかる費用
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには