住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある

 

住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある

 

各金融機関とも借り換えのための住宅ローンの金利を低くし、
顧客を取り込むをという動きがあります。

 

例えば、ある銀行の変動金利は、
店頭金利2.475%で、

 

全期間1.2%金利を引き下げる優遇措置により、
実質の金利を1.275%としていますが、

 

借り換えの場合は、この優遇幅を大きくし、
全期間1.4%金利を引き下げ実質の金利を1.075%としています。

 

今でも住宅ローンを問題なく返済してきたという実績があれば、
借り換え後もきちんと返してもらえると見込めるので、
借り換えの場合の金利の優遇を大きくしているのです。

 

金利を低くできるのは、過去の実績が証明されているからともいえますし、
そうした優良な顧客を他社から自社に取り込み、

 

住宅ローン以外でも、関係を作って、
例えば、投資信託などの金融商品を買ってもらうといった
ビジネスにもつなげていきたいという思惑もあるからでしょう。

 

 

住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある関連ページ

借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローン借り換え時にかかる費用
住宅ローン借り換え時にかかる費用
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには