住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉

 

住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉

住宅ローンを借り換える前にしておきたいことがあります。

 

それは、今取引をしている銀行と金利引き下げ交渉を行うことです。

 

「銀行に金利が交渉をするなんてできるの?」と考える人もいるかもしれませんが、
実は意外と多く行われています。

 

たとえ0.1%でも下げてもらえるのであれば、
住宅ローンを借り換えするより特になる場合もあります。

 

残念ながら、銀行側から「引き下げ交渉はできない」という返事が来たら、
その時は住宅ローンの借り換えを実行に移してみましょう。

 

まずは利用したいローンを扱う銀行の窓口へ行こう

 

住宅ローンの借り換えをする場合、
まずは借り換え先の銀行の窓口へ行きましょう。

 

最近では、どこの銀行でも自行へ
住宅ローンの借り換えを積極的に勧めています。

 

平日はもちろん、仕事などで、
平日の営業時間に相談に来るのが難しい人のために、

 

日曜日や祝日などにも住宅ローン相談会を実施しています。

 

また、銀行の窓口以外にもインターネットで
住宅ローンの借り換え相談ができる銀行もあります。

 

インターネットであれば、
自宅から住宅ローンの借り換え相談ができるのです。

 

さらにインターネット利用することで、金利を優遇してる銀行もあります。

 

銀行の窓口では、「借り換えをすることによって、返済額はどのくらいてるのか」
「諸費用はどのくらいかかるのか」などを教えてもらえます。

 

 

住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉関連ページ

借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
住宅ローン借り換え時にかかる費用
住宅ローン借り換え時にかかる費用
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには