住宅ローン借り換え時にかかる費用

 

住宅ローン借り換え時にかかる費用

 

住宅ローンの借り換えを検討する際、
事務手数料や契約書作成の際の印紙税など、
諸費用について考えなければなりません。

 

住宅ローンの借り換えをする場合、
ローンを組む時に支払ったような諸費用がかかってきます。

 

住宅ローンを借りる際の諸費用が、
100万円を超えることもあります。

 

諸費用の中で重い負担になるのが、保証料と登記費用、火災保険料です。

 

保証料は、借り換え先の金融機関に支払うのですが、
今住宅ローンを借りている銀行から戻ってくる分がりますので、

 

最初に借りた時に支払った金額より少ない負担で済む場合が多いようです。

 

また銀行の中には、住宅ローンの保証料を設定しない銀行がありますので、
そのような銀行を選ぶと負担がより小さくなります。

 

逆に今まで借りていた銀行では保証料が必要なかったが、
借り換え先では、保証料が必要になるということもあります。

 

登記費用は、借りていた銀行の抵当権を抹消する費用、
借り換え先の銀行の抵当権を設定する費用がかかってきます。

 

火災保険は、通常住宅ローン期間の火災保険に加入していますので、
借り換えをしても、火災保険が継続できるのが一般的です。

 

それであれば、新たな保険料はかかりませんので、
火災保険については、考えなくてもよいでしょう。

 

他にも借りていた銀行に住宅ローンを一括返済する場合、
手数料がかかることもあります。

 

このよう諸費用を計算してみると、
住宅ローンそのものの支払い額は借り換えをすることによって減るものの、

 

諸費用が軽減された分より大きくなってしまっては、
借り換えの効果がなくなります。

 

借り換えを検討する際には、
利息削減効果と諸費用を合わせて考えることが大切です。

 

 

住宅ローン借り換え時にかかる費用関連ページ

借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには