いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには

 

いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには

 

住宅ローンのリスクの一つは、
自分の生活環境や市場の金利が急に変化しても、

 

常に金融機関と約束した金額を返済し続けなければならないという点です。

 

死亡した場合、高度障害なってしまった場合は、
団体信用生命保険で返済できるですが、

 

失業、倒産、給与やボーナスの削減などによって、
収入が少なくなってしまった場合には、団体信用生命保険料対応できません。

 

このようなリスクには、あくまで自分で対応するしかないのです。

 

景気や金利の動向、給料の変化、
といった事情に備えて、いつでも借り換えできるようにしておきましょう。

 

いつでも借り換えができるようにするためには、
健康であることと、預貯金をできるだけしておくことを心がける必要があります。

 

健康であることは、ローン契約をするための必須条件になる
団体信用生命保険への加入をするために必要です。

 

預貯金をできる限りしておくことも、
借り換えをスムースに行うために必要です。

 

借り換えをする際に、
マイホームの担保価値がローン残高よりも少なかった場合、

 

預貯金でローン残高減らすことによって、
担保割れ(担保の価格がローン残高を下回ること)

 

にならないようにすることができれば、
借り換えがスムースに進みます。

 

反対に担保割れのままで借り換えをしようとすると、
今までよりも金利面などで不利な条件でしか
ローン契約ができない場合もあります。

 

最悪の場合、借り換え自体ができないこともあります。

 

 

 

住宅ローン借り換えにはどんなメリットがあるのか

借り換えのメリットは、
金利を低くすることで返済額を減らすことにあります。

 

また金利上昇が見込まれる場合に借り換えをすることで、
金利上昇リスクを避けることができるというのもメリットになります。

 

例えば、変動金利のローンや金利が
固定されている期間が短いローンを利用している場合、

 

金利が上昇してしまうと、
返済額も増えてしまいます。

 

そんな時、早めに長い期間金利を
固定したローンへの借り換えを検討します。

 

変動金利から固定金利に借り換えると金利は高くなってしまい、

 

毎月返済額も増えてしまうかもしれませんが、
金利上昇局面で金利を固定することで、

 

それ以上の金利上昇リスクを回避することができるのです。

 

 

 

 

いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには関連ページ

借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローン借り換え時にかかる費用
住宅ローン借り換え時にかかる費用
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?
銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?