銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?

 

銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?

 

〜〜金利優遇という言葉には落とし穴がある〜〜

 

住宅ローンを組む際に、
「金利優遇キャンペーン」
「キャッシュバック」などと言った言葉をよく目にします。

 

一見金利が安くて非常に借りやすいように見えるローンもあります。

 

幾つかある金利タイプの中でも特に要注意なのが
短期の固定金利選択型のローンです。

 

最初の2、3年間はわずか1%と言った破格の金利での多くもことができ、
月々の返済額も少額で済むというメリットもありますが、
このタイプには非常に大きなリスクもあります。

 

当初の返済額が安いという理由だけでこのタイプの金利を選んでしまうと、
キャンペーン期間が終了した途端に、
急に2倍3倍の返済額を払うハメになることも少なくありません。

 

一時的には、優遇されても、
その時は必ず後から払うハメになることを肝に銘じておいたほうがよいでしょう。

 

銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ

担保の存在
住宅ローンを設ける条件として必ず担保をとる

 

返済率の高さ
自宅を守るため優先的に住宅ローンの返済をする

 

利息収入の多さ
長期にわたり利息が取れる。

きちんと返済できるかの見極めは自分次第

住宅ローンを借りる先は、通常の場合、銀行などの金融機関です。

 

気をつけたいのは、ローン担当の職員が、すでに借りての身になって
ベストな方法を探しくれるわけではないということです。

 

銀行は慈善事業ではありませんから、
相談をした場合には、借り手に最も有利なローンではなく、

 

金融機関が最も儲けることのできるローンをすすめてくることもありえます。

 

借り入れる本人が、
本当にローンを最後まで返済することができるか、

 

金利プランに無理はないかどうかなどを検討しなければならないといえます。

 

銀行が住宅ローンをPRするのはなぜ?関連ページ

借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
借り換えの為の住宅ローンは金利が低い
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローンの借り換えで返済額を減らせる方法
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローン借り換えするための判断基準とは?
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローンの借り換えには費用がかかる
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
住宅ローン借り換えニーズに対応した商品もある
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
具体例で住宅ローン借り換えのメリットを実感してみましょう
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
住宅ローンの返済期間を短くするのも効果がある
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
旧住宅金融公庫から銀行へのローン借り換えのメリット・デメリット
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローンの借り換えの前にしておきたい金利引き下げ交渉
住宅ローン借り換え時にかかる費用
住宅ローン借り換え時にかかる費用
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには
いつでも住宅ローンの借り換えができるようにするためには