住宅ローンの繰り上げ返済とは?

 

住宅ローンの繰り上げ返済とは?

 

繰り上げ返済等とは、
ある程度まとまったお金を使って、
毎月の返済以外でローンの残高を減らしていくことです。

 

借金がある状態から少しでも早く出したいと思うのは自然なことで、

 

住宅ローンを組む多くの方が繰り上げ返済を実施しています。

 

毎月の返済が元金の返済と利息の支払いとに使われるのに対し、
繰り上げ返済分は全てが元金返済に充てられます。

 

その分、もともと支払うはずだった利息の支払いを
行わないですむという利息削減効果があるのです。

 

貯蓄をコツコツと貯めて繰り上げ返済に回すのも良いですし、
相続が発生したときや退職金を受け取ったときなど、
自己資金が増えるタイミングで繰り上げ返済をすることもあるでしょう。

 

繰り上げ返済には残りの元金(残債)を一括で返済する全部繰り上げ返済と
元金の一部のみを返済する一部繰り上げ返済とがあります。

 

「一部繰り上げ返済」を行う機会の方が多いので、
ここでは、一部繰り上げ返済について考えていきたいと思います。

 

 

 

住宅ローンの繰り上げ返済とは?関連ページ

住宅ローンの繰り上げ返済を行うメリットについて
住宅ローンの繰り上げ返済を行うメリットについて
繰り上げ返済にはどんなタイプがあるの?
繰り上げ返済にはどんなタイプがあるの?
繰り上げ返済を行うタイミングについて
繰り上げ返済を行うタイミングについて
繰り上げ返済額はどのくらいが適当?目安?
繰り上げ返済額はどのくらいが適当?目安?
繰り上げ返済するならライフプランを考えよう
繰り上げ返済するならライフプランを考えよう
期間短縮型と返済額軽減型ではどう違うの?
期間短縮型と返済額軽減型ではどう違うの?