住宅ローンの繰り上げ返済を行うメリットについて

 

住宅ローンの繰り上げ返済を行うメリットについて

 

繰り上げ返済行うメリットは大きく二つあると考えられます。

 

一つはローンの返済期間を少しでも短くできるということ、
もう一つは、利息の支払いを削減できるということです。

 

一つのメリット「返済期間を短縮できる」のは、
期間短縮型と呼ばれる繰り上げ返済方法を利用した場合です。

 

もう一つ返済額軽減型とをいう方法もありますが、
「期間短縮型」の方が総返済額を少なくできることもあり、
一般的には、「期間短縮型」を選ぶ人が多いようです。

 

その名の通り繰り上げ返済により返済期間を短縮し、
返済終了時期を前倒ししていくことが可能になります。

 

期間短縮型の繰り上げ返済を具体的な例で見てみましょう。

 

3000万円を3%、35年で借りたとします。(「元利均等返済」とします)。

 

返済開始1年後に繰り上げ返済を100万円分実行すると1年11ヶ月分、
期間を短縮することができます。
(なお、この場合実際の繰り上げ金額は98万5611円となり、100万円ぴったりにはなりません。)

 

繰り上げ返済をしない場合の総返済額(元金と利息合わせた返済額)は、
4849万0768円ですが、繰り上げ返済行って返済期間を
短縮することで総支払い額は4682万0914円となります。

 

この差額166万9854円分の利息支払いを
繰り上げ返済により削減できることになります。

 

このような繰り上げ返済には利息削減効果もあるということもメリットの一つとなります。

 

繰り上げ返済額はどのくらいからなのか

家計の強い味方になってくれる繰り上げ返済ですが、

 

「一部繰り上げ返済」はいくらでも可能というわけではありません。

 

例えばフラット35では100万円から可能となっています。

 

銀行ローンについては、銀行によって様々ですが、

 

「100万円から可能」というところもあれば、

 

「1万円から可能」というところもあります。

 

こまめに繰り上げ返済していきたいと考えている人は、

 

繰り上げ返済の最低金額は小さいローンを選ぶのが望ましいといえます。

 

ローンを組む多くの方は繰り上げ返済を利用することなると思いますので、

 

繰り上げ返済がどのくらいの金額から可能になるかは、

 

「繰り上げ返済にかかる手数料」等を同様、

 

ローン選びの一つの基準にして考えると良いでしょう。

 

 

住宅ローンの繰り上げ返済を行うメリットについて関連ページ

住宅ローンの繰り上げ返済とは?
住宅ローンの繰り上げ返済とは?
繰り上げ返済にはどんなタイプがあるの?
繰り上げ返済にはどんなタイプがあるの?
繰り上げ返済を行うタイミングについて
繰り上げ返済を行うタイミングについて
繰り上げ返済額はどのくらいが適当?目安?
繰り上げ返済額はどのくらいが適当?目安?
繰り上げ返済するならライフプランを考えよう
繰り上げ返済するならライフプランを考えよう
期間短縮型と返済額軽減型ではどう違うの?
期間短縮型と返済額軽減型ではどう違うの?