繰り上げ返済するならライフプランを考えよう

 

繰り上げ返済するならライフプランを考えよう

 

ではどのくらいの繰り上げ返済額なら、妥当なのでしょうか。

 

残念ながらこれにお答えがありません。

 

各ご家庭の事情に応じて異なってくるからです

 

収入や支出はそれぞれのご家庭で当然違ってくるでしょうし、

 

皆さんご自身が今後どのような生活を
望みどんな夢をかなえたいかも違うでしょう。

 

いつどんな夢をかなえたいかという計画を
ライフプランという言いますが、

 

繰り上げ返済を考える際は、
ライフプランを考えていく必要があるといえるのです。

 

つまり、今後のライフプランを確認し、

 

将来いつ、どれくらいの必要なのかをあらかじめ試算した中で
繰り上げ返済を考えていくことが大事になります。

 

特にお子さんがいる家庭では教育費負担との
バランスが大事なってくるといえるでしょう。

 

教育費はお子様1人当たり合計で1000万円〜1500万円程度かかるといわれています。

 

ライフプランを実現していくためには、
こうした教育費の確保は必須といえます。

 

一般的にはお子さんが小さいうちは貯蓄がたまりやすく、
お子さんが大きくなると
貯蓄を取り崩して教育費に回すこともあります。

 

お子さんが小さいうちは貯蓄も増えていくと思いますので、
繰り上げ返済を行っていたいところですが、

 

将来お子さんが大きくなったときの教育費も
想定して貯蓄も増やしていく必要があります。

 

繰り上げ返済だけでなく、
ローン全般にいえることですが、
ローンのことのみで考えてしまうのではなく、

 

教育費や老後の資金といったところまで
視野を広く考えていく必要があるのです。

 

 

その他に考慮すべきこと

変動金利や固定期間選択型のローンを借りている場合は、

 

金利が上昇するタイミングで
繰り上げ返済するという考え方もあります。

 

金利が上昇し始めると、
毎月返済額に占める利息支払いの割合が高くなり、
なかなか元金も減ってきません。

 

金利が低いうちは、できるだけ貯蓄にまわしたり、

 

資産運用にまわしたりしてお金をためておくことを優先してもよいのですが、

 

金利が上昇し始めたらそれらを原資に繰り上げ返済を行うとよいでしょう。

 

また住宅ローン控除との兼ね合いも検討したいところです。

 

住宅ローン控除で控除される金額は、
毎年末のローン残高を基準に計算されます。

 

そのため、繰り上げ返済によりローンの残高を減らしすぎてしまうと
住宅ローン控除のメリットを最大限受けられないことも考えられます。

 

繰り上げ返済による利息削減効果と
住宅ローン控除のメリットとを比較することも必要なのです。

 

 

繰り上げ返済するならライフプランを考えよう関連ページ

住宅ローンの繰り上げ返済とは?
住宅ローンの繰り上げ返済とは?
住宅ローンの繰り上げ返済を行うメリットについて
住宅ローンの繰り上げ返済を行うメリットについて
繰り上げ返済にはどんなタイプがあるの?
繰り上げ返済にはどんなタイプがあるの?
繰り上げ返済を行うタイミングについて
繰り上げ返済を行うタイミングについて
繰り上げ返済額はどのくらいが適当?目安?
繰り上げ返済額はどのくらいが適当?目安?
期間短縮型と返済額軽減型ではどう違うの?
期間短縮型と返済額軽減型ではどう違うの?