FPがアドバイスする住宅ローンの選び方

 

FPがアドバイスする住宅ローンの選び方

 

変動金利型、固定金利選択型、固定金利型、
三つの金利タイプを把握できたら、
自分に合った住宅ローンのタイプを考えていきましょう。

 

どのタイプも一長一短です。

 

一般的に低金利時代には、
長期固定金利を選ぶと低金利のメリットを受けることができます。

 

とはいうものの,不動産会社や金融機関は
変動金利を進めていることが多いようです。

 

誰でも安く買いたいと思うものです。

 

金利だけでみると,
フラット35が2%未満に対して変動金利は1%未満とその差は約1%。
仮に3000万円を30年間借りた時、金利の開きが1%あると、

 

差額は1ヶ月あたり1万4000ほど。
30年間では,504万円に達してしまいます。

 

非常に魅力的に映ります。
とはいえ,金利の上昇にやきもきする人にはむいていません。

 

特に教育費がかかる予定なら,慎重に選んだほうがよさそうです。

 

住宅ローンの資金計画を立てるときは,
1ヶ月あたりの返済額で考えてはいけません。

 

税金や管理費などを含んだ1年単位で考えることがポイントです。

 

また返済期間は35年で良いのか、
もっと短くできないのかなど資金計画を立ててみましょう。

 

年齢にもよりますが、30年だと高くて払えないから、
35年にするというのはNG です。借りすぎだといえます。

 

さらに固定金利だと高くて払えないから、
変動金利にするというのも困った選び方です。

 

変動金利で目先の返済額が安くなったとしても、
根本的な解決にはならないのだということを覚えておいてください。

 

変動金利や固定金利選択型の商品は,
金利が低いことが魅力である一方、
金利上昇リスクを抱えています。

 

この金利上昇リスクを少なく抑えることができればOK

 

金利上昇リスクを理解して毎月倫理のチェックを怠らず、

 

・即、対応策を考えるなどフットワークの軽い人。
・将来の金利上昇に備えて貯蓄を心がける人。

 

こんな人が変動金利や短めの固定金利選択型ローンにむいています。
いかがでしょう。
意外とハードル高いですね。

 

安全第1の人は全期間固定金利を選んでいくほうが良いでしょう。

 

 

 

FPがアドバイスする住宅ローンの選び方関連ページ

10年固定を選べば、安定的に残高を減らせるので検討の一つに
10年固定を選べば、安定的に残高を減らせるので検討の一つに
ファイナンシャルプランナーが変動金利型をおすすめしない理由
ファイナンシャルプランナーが変動金利型をおすすめしない理由
住宅ローンは早く返せばいいというわけではない
住宅ローンは早く返せばいいというわけではない