自治体の資格取得講座

【自治体の資格取得講座】社会人の資格取得を応援する講座

 

もらえるお金 届出先
格安で資格講座を受講


自治体によって制度の有無、
対象が異なります

市区町村

 

働きながら新たな資格を取得したい、
と考えている人もいると思います。

 

しかし専門学校に通おうとしても、費用が高かったり、
時間が取れなかったりすることもあるでしょう。

 

自治体の中には、
「資格取得支援講座」を開催しているところがあります。

 

たいていの場合、その地域に住んでいるか、
その地域で仕事をしている人を対象とします。

 

講座はおもに公共施設で行われますが、
委託を受けた専門学校の講師が教えることもあります。

 

本格的な内容が、民間の専門学校と比べて
格安の費用で受講できるのガ魅力です。

 

東京都港区を例にとると、「資格取得支援講座」として、

 

「第二種電気工事士」
「ファイナンシャルプランナー技能検定3級」
などの資格取得を目指す講座があります。

 

このうち第2種電気工事士講座は、
2013年度の場合は9月から翌3月まで全部で27回、
ほぼ毎週日曜日に3時間の講座が開催されます。

 

対象は区内に在住、最近の中小企業勤労者40名。
受講料は2万2000円。テキスト代は1万5000円です。