休業補償給付

【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます

 

全体図はこんな感じです!

 

もらえるお金 届出先

治療費を支給

 

労災の場合は、健康保険ではなく
労災保険の対象に

労働基準監督署

 

防災によるけがや病気のため仕事を休み、
そのために給料が出なければ、
労災保険が収入を補償してくれます。

 

これが「休業補償給付」です。

 

支給金額は、労災前3ヶ月の
平均給与の1日あたりの給料の6割です。

 

これにプラスして給与の1日あたりの給料の2割の
金額に当たる「休業特別支給金」が支給されます。

 

合計で給料の約8割支給されます。

 

税金もかからないので、休む前の手取り収入に比べ、
大幅に下がることはありません。

 

「休業補償給付」と「休業特別支給金」の支給が始まるのは、
労災で3日休んだ後に4日目からです。

 

3日間の休業は連続でなくても構いません。

 

また、この3日間については、
「休業補償給付」と「休業特別支給金」は支給されませんが、
会社が休業補償をすることが定められています。

 

ですから労災で休んでも収入のない日はありません。

 

また「休業補償給付」の支給に数に制限はなく、
働けない状態が続けばずっと支給されます。

 

ただし1年半を超えた時点で条件を満たせば「傷病補償年金」に移行します。

 

参考になれば嬉しいです!