【住宅取得等資金の贈与税の非課税】親や祖父母からの住宅資金援助が非課税に

 

【住宅取得等資金の贈与税の非課税】親や祖父母からの住宅資金援助が非課税に

 

 

もらえるお金 届出先
最大1000万円まで非課税

 

他の制度も組み合わせればさらに増額可能

自分の住所地を所轄する税務署

 

父母や祖父母などから住宅取得の資金を援助してもらうとき、
2014年12月までは
「住宅取得等資金の贈与税の非課税」制度が利用できます。

 

2012年から施行された制度で、
要件を満たせば一定金額までは贈与税がかかりません。

 

この制度を利用できるのは、20歳以上で次の@とAを満たす人です。

 

@贈与を受ける人の1年間の合計所得金額が2000万円以下
A2014年12月までに贈与を受けて住宅の新築や取得、
または中古住宅を購入。
翌年の2015年3月15日までに入居するか、
入居確実だと見込まれる場合。

 

さらに中古住宅の場合は、
築20年(耐火建築物は25年)以内で、
住宅の床面積が50u以上240u以下で
あることなどの条件も加わります。

 

贈与の非課税額の上限額は、
「省エネ等住宅」であるかどうかで異なります。

 

「省エネ等住宅」とは、
断熱性や耐震性が一定基準以上に適合する住宅。

 

贈与の非課税限度額でも優遇されているのです。

 

2014年の「省エネ等住宅」の非課税限度額は1000万円、
それ以外の一般住宅の非課税限度額は500万円になります。

 

この贈与の非課税額をアップさせる方法があります。

 

夫婦で家を購入するなら、共有名義にすることです。

 

なぜなら、贈与の非課税制度が利用できるのは、
住宅を取得する本人の直系尊属からの援助だけ。

 

配偶者の直系尊属からの贈与は非課税になりませんが、
共有名義にすれば、
両方の親から非課税で援助を受けることができるからです。

 

また、「相続時精算課税の非課税額2500万円」、
或いは1年間に贈与される金額の非課税枠である
「暦年課税の非課税額110万円」の
どちらかを選択して併用する方法もあります。

 

ただし両方を利用することはできません。

 

例えば、「暦年課税の非課税額110万円」を併用して贈与を受ける場合、
「省エネ等住宅」なら1110万円(1000万円+110万円)まで非課税になります。

 

夫婦両方の親から贈与が受けられれば、
その2倍で非課税額が2220万円になるのです。

 

若い世代は経済的に苦しくても、
その親や祖父母の世代は、
十分な資産を持っていることが往々にしてあります。

 

そうした資産を子供や孫に非課税で移動する手段として、
この制度は有効だといえます。

 

 

【住宅取得等資金の贈与税の非課税】親や祖父母からの住宅資金援助が非課税に関連ページ

【住宅ローン減税】ローン残高に応じて10年間減税される。
【住宅ローン減税】ローン残高に応じて10年間減税される。
【住宅金融支援機構のローン返済救済措置】返済に困ったら返済期間や返済額を変更できる。
返済に困ったら返済期間や返済額を変更できる。
【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度
【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度
【住宅耐震改修特別控除】自宅の耐震改修工事をすると減税になる
【住宅耐震改修特別控除】自宅の耐震改修工事をすると減税になる
【住宅特定改修特別税額控除】自宅をバリアフリーや省エネに改修すると減税になる
自宅をバリアフリーや省エネに改修すると減税になる
【相続時精算課税制度】2500万円以内の生前贈与が非課税になる。
2500万円以内の生前贈与が非課税になる
【太陽光発電システム補助金】一般家庭のエコな取り組みを応援
一般家庭のエコな取り組みを応援
【生垣緑化助成金】省エネと景観を両立する緑のまちづくりに助成
省エネと景観を両立する緑のまちづくりに助成
【雨水利用設置助成金】雨水タンクなどを設置するともらえます
雨水タンクなどを設置するともらえます
【耐震診断費用・耐震補強工事費助成】住宅の耐震診断と補強にかかる費用を助成
住宅の耐震診断と補強にかかる費用を助成してくれます。
【リフォームへの助成】エコ住宅や3世代住宅へのリフォーム工事費の一部をもらえる
エコ住宅や3世代住宅へのリフォーム工事費の一部をもらえる
【生ごみ処理機購入費用補助】生ごみの減量・リサイクルを進めるための補助金
生ごみの減量・リサイクルを進めるための補助金
【子育てファミリー世帯居住支援ほか】子供がいる世帯に家賃を一定期間調整
子供がいる世帯に家賃を一定期間調整
【特定優良賃貸住宅】中堅所得者層向けの家賃補助つき住宅
中堅所得者層向けの家賃補助つき住宅