【相続時精算課税制度】2500万円以内の生前贈与が非課税になる。

 

【相続時精算課税制度】2500万円以内の生前贈与が非課税になる。

 

もらえるお金 届出先
最大2500万円まで非課税

 

他の制度も組み合わせればさらに増額可能

自分の住所地を所轄する税務署

 

【相続時精算課税制度】は
親から贈与してもらう
2500万円以内の生前贈与が非課税になる制度です。

 

親から子世代への生前贈与を促し、
消費の拡大をはかるために2003年に設けられました。

 

65才以上の親が、20歳以上の子供
(子供が亡くなっているときは20歳以上の孫も含む)
に財産を贈与するとき、

 

子供は年間110万円までが非課税になる「暦年課税」か、
「相続時精算課税」かのいずれかを選びます。

 

「相続時精算課税」を選ぶと、
その親から一生のうちに贈与される
通算2500万円以内の生前贈与については、
非課税扱いとなります。

 

また特例として、2014年12月までに
親から「住宅資金」として贈与を受ける場合は、
通常の相続時精算課税制度と異なり、
親の年齢制限がなくなります。

 

また、「相続時精算課税」は「住宅取得等資金にかかる贈与税の非課税
と併用することができます。

 

例えば、2014年に「省エネ等住宅」を購入すると
「省エネ等住宅の非課税限度額」1000万円+「相続時精算課税」2500万円=3500万円まで、
親から非課税で資金援助を受けることができるのです。

 

「相続時精算課税」で2500万円を超えた分は、
20%の贈与税がかかりますが、
親が亡くなった時、贈与を受けた分は相続財産の一部とみなされ、

 

相続財産が相続税の基礎控除額内
(5000万円+1000万円×法定相続人の数)であれば、
納めた贈与税は還付される仕組みです。

 

例えば、省エネ等住宅の住宅資金として4000万円の贈与を受け、
贈与税を5000万円の20%の100万円納めたとしても、

 

生前贈与分を含め相続財産が6000万円以内
(法定相続人が1人の場合)なら、
納めた100万円は戻ってきます。

 

なお贈与は父、母それぞれから受けることができます。

 

【相続時精算課税制度】2500万円以内の生前贈与が非課税になる。関連ページ

【住宅ローン減税】ローン残高に応じて10年間減税される。
【住宅ローン減税】ローン残高に応じて10年間減税される。
【住宅金融支援機構のローン返済救済措置】返済に困ったら返済期間や返済額を変更できる。
返済に困ったら返済期間や返済額を変更できる。
【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度
【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度
【住宅耐震改修特別控除】自宅の耐震改修工事をすると減税になる
【住宅耐震改修特別控除】自宅の耐震改修工事をすると減税になる
【住宅特定改修特別税額控除】自宅をバリアフリーや省エネに改修すると減税になる
自宅をバリアフリーや省エネに改修すると減税になる
【住宅取得等資金の贈与税の非課税】親や祖父母からの住宅資金援助が非課税に
親や祖父母からの住宅資金援助が非課税に
【太陽光発電システム補助金】一般家庭のエコな取り組みを応援
一般家庭のエコな取り組みを応援
【生垣緑化助成金】省エネと景観を両立する緑のまちづくりに助成
省エネと景観を両立する緑のまちづくりに助成
【雨水利用設置助成金】雨水タンクなどを設置するともらえます
雨水タンクなどを設置するともらえます
【耐震診断費用・耐震補強工事費助成】住宅の耐震診断と補強にかかる費用を助成
住宅の耐震診断と補強にかかる費用を助成してくれます。
【リフォームへの助成】エコ住宅や3世代住宅へのリフォーム工事費の一部をもらえる
エコ住宅や3世代住宅へのリフォーム工事費の一部をもらえる
【生ごみ処理機購入費用補助】生ごみの減量・リサイクルを進めるための補助金
生ごみの減量・リサイクルを進めるための補助金
【子育てファミリー世帯居住支援ほか】子供がいる世帯に家賃を一定期間調整
子供がいる世帯に家賃を一定期間調整
【特定優良賃貸住宅】中堅所得者層向けの家賃補助つき住宅
中堅所得者層向けの家賃補助つき住宅