【太陽光発電システム補助金】一般家庭のエコな取り組みを応援

 

【太陽光発電システム補助金】一般家庭のエコな取り組みを応援

 

もらえるお金 届出先
上限は約20万円

 

毎年の受け付け期間、募集人数は限られています

J−PEC太陽光発電普及拡大センター、市区町村

 

太陽光発電を普及させるため、
国は一般住宅に新たに太陽光発電システム
を設置する人に対して
「太陽光発電システム補助金」を交付しています。

 

この制度は2010年から始まりましたが、
太陽光発電システムの設置価格が安くなってきたこともあり、
補助金額が年を追うごとに縮小傾向にあります。

 

例年、4月中旬頃に募集が始まり、
翌年の3月末が募集締め切りとなります。

 

2014年度の補助金については未定ですが、
期間中でも国の予算の上限に達した場合は、
募集が締め切られることがあるので注意が必要です。

 

補助金の算出方法は、
まず「1キロワットあたりの設置費用(補助対象経費)」=Aを計算します。

 

Aとはつまり、太陽光発電システム1キロワットあたりに換算した設置費用ということです。

 

Aの金額によって「1キロワットあたりの補助金額」=Bが2段階にわかれます。

 

それによって、補助金額が変わってきます。

 

設置費用が安いほうが補助金額も多くなります。

 

地方自治体でも補助金を交付しているところがあります。

 

地域によっては国に加えて、
都道府県と市区町村の補助金も得られることがあります。

 

ただし、地方自治体も予算額や限定数に達すると
期間内でも受け付けを終了することがあるので、

 

設置を考えている方は
早めに問い合わせをすることをおすすめします。

 

「太陽光発電システム補助金」制度は、
年度ごとに見直しが行われています。

 

JPEC太陽光発電普及拡大センター」の
ホームページで最新の情報を確認できます。

 

【太陽光発電システム補助金】一般家庭のエコな取り組みを応援関連ページ

【住宅ローン減税】ローン残高に応じて10年間減税される。
【住宅ローン減税】ローン残高に応じて10年間減税される。
【住宅金融支援機構のローン返済救済措置】返済に困ったら返済期間や返済額を変更できる。
返済に困ったら返済期間や返済額を変更できる。
【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度
【投資型減税】自己資金で住宅取得をしても受けられる減税制度
【住宅耐震改修特別控除】自宅の耐震改修工事をすると減税になる
【住宅耐震改修特別控除】自宅の耐震改修工事をすると減税になる
【住宅特定改修特別税額控除】自宅をバリアフリーや省エネに改修すると減税になる
自宅をバリアフリーや省エネに改修すると減税になる
【住宅取得等資金の贈与税の非課税】親や祖父母からの住宅資金援助が非課税に
親や祖父母からの住宅資金援助が非課税に
【相続時精算課税制度】2500万円以内の生前贈与が非課税になる。
2500万円以内の生前贈与が非課税になる
【生垣緑化助成金】省エネと景観を両立する緑のまちづくりに助成
省エネと景観を両立する緑のまちづくりに助成
【雨水利用設置助成金】雨水タンクなどを設置するともらえます
雨水タンクなどを設置するともらえます
【耐震診断費用・耐震補強工事費助成】住宅の耐震診断と補強にかかる費用を助成
住宅の耐震診断と補強にかかる費用を助成してくれます。
【リフォームへの助成】エコ住宅や3世代住宅へのリフォーム工事費の一部をもらえる
エコ住宅や3世代住宅へのリフォーム工事費の一部をもらえる
【生ごみ処理機購入費用補助】生ごみの減量・リサイクルを進めるための補助金
生ごみの減量・リサイクルを進めるための補助金
【子育てファミリー世帯居住支援ほか】子供がいる世帯に家賃を一定期間調整
子供がいる世帯に家賃を一定期間調整
【特定優良賃貸住宅】中堅所得者層向けの家賃補助つき住宅
中堅所得者層向けの家賃補助つき住宅