【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる

 

【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる

もらえるお金 届出先
日給の3分の2

 

仕事を休んで4日目から
1年6ヶ月間支給

健康保険組合

協会けんぽ都道府県支部

 

傷病手当金は、
3日以上休まなければならないような病気やけがになって、
会社を休むと健康保険から出るお金のことを言います。

 

3日間は期間には含まれません。

 

例えば1週間インフルエンザで会社を休むと、

 

7日間−3日間=4日分の傷病手当金をもらえます。

 

また手当金の支給額は、1ヶ月の給料を30日で割って、
1日にもらえる給料を計算して、その3分の2をもらえます。

 

日給の3分の2という計算になります。

 

例えば月収30万円の人が60日休んだ場合、

 

日給は1万円で

 

1万円×3分の2×57日=約38万円

 

という計算になります。

 

わかりますでしょうか?

 

そして最長で1年6ヶ月間もらえます。

 

1年半も休むとなったらかなりの病気やけがだと思いますが、
規定では1年半もらえることになっています。

 

これは入院に限らず,自宅での療養でも支給されます。

 

病気の種類は特に指定はなく、最近ではうつ病で休まれて
支給されるケースが多いです。

 

ちなみに傷病手当金は仕事中や通勤中のけがや病気には含まれません。

 

仕事中や通勤中の病気については
「労災保険」や「休業補償給付」の対象になります。

 

注意しておきたいこと

 

傷病手当金をもらえる条件として
健康保険に入っている人に限ります。

 

残念ながら市町村国民健康保険には
この制度ありませんので注意してください。

 

また休業中も会社から給料が出ている場合は、
「傷病手当金」よりも少なければ差額が支給されます。

 

参考になれば幸いです。

 

【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる関連ページ

【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます
【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【介護補償給付】労災で介護状態になった場合に給付されます
介護補償給付は労災で介護状態になった場合に給付されます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます
【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます
【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう
【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス