休業補償給付

 

【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます

 

全体図はこんな感じです!

 

もらえるお金 届出先

治療費を支給

 

労災の場合は、健康保険ではなく
労災保険の対象に

労働基準監督署

 

防災によるけがや病気のため仕事を休み、
そのために給料が出なければ、
労災保険が収入を補償してくれます。

 

これが「休業補償給付」です。

 

支給金額は、労災前3ヶ月の
平均給与の1日あたりの給料の6割です。

 

これにプラスして給与の1日あたりの給料の2割の
金額に当たる「休業特別支給金」が支給されます。

 

合計で給料の約8割支給されます。

 

税金もかからないので、休む前の手取り収入に比べ、
大幅に下がることはありません。

 

「休業補償給付」と「休業特別支給金」の支給が始まるのは、
労災で3日休んだ後に4日目からです。

 

3日間の休業は連続でなくても構いません。

 

また、この3日間については、
「休業補償給付」と「休業特別支給金」は支給されませんが、
会社が休業補償をすることが定められています。

 

ですから労災で休んでも収入のない日はありません。

 

また「休業補償給付」の支給に数に制限はなく、
働けない状態が続けばずっと支給されます。

 

ただし1年半を超えた時点で条件を満たせば「傷病補償年金」に移行します。

 

参考になれば嬉しいです!

 

【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます関連ページ

【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる
【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる
【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【介護補償給付】労災で介護状態になった場合に給付されます
介護補償給付は労災で介護状態になった場合に給付されます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます
【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます
【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう
【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス