高額介護サービス費

 

【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます

 

もらえるお金 届出先

限度額を超えた分の
利用料が戻ってきます

 

所得額によって
上限額が異なります

市区町村

 

在宅で家族が介護をすることを前提に作られた「介護保険」ですが、
最近では介護者も働いている家庭が多くなってきています。

 

日中、利用者を家に残し、働きながら介護をする世帯もあります。

 

当然、居宅サービスや施設サービスの利用回数も増える傾向にあり、
介護費用は膨らんで、家計を圧迫する結果になってしまいます。

 

このようにサービスの負担額が高額になった場合、
介護保険制度の「高額介護サービス費制度」が利用できます。

 

この「高額介護サービス費」は、
1ヶ月に介護サービスを利用して支払う
「自己負担上限額」を超えた場合、
超えた金額を取り戻すことができる制度です。

 

同じような制度に医療保険の「高額療養費制度」があります。

 

「高額介護サービス費」は、収入によって4段階にわかれています。

 

例えばもっとも収入が多い
「低所得者等以外」に該当する人は3万7200円、
2番目に多い
「世帯全体が住民税非課税で年金80万円超」の人は2万4600円
が自己負担上限額になります。

 

サービス事業者は先にサービス事業者に料金を支払いますが、
申請後、上限額を超えたお金は戻ってきます。

 

参考になれば嬉しいです!

 

【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます関連ページ

【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる
【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる
【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます
【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【介護補償給付】労災で介護状態になった場合に給付されます
介護補償給付は労災で介護状態になった場合に給付されます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう
【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス