所得税の医療費控除

 

【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう

 

もらえるお金 届出先

10万円超の分の税金が還付

 

確定申告しなければ
もらえないので注意

自分の住所地を所轄する税務署

 

年間の医療費が10万円を超えた場合、
確定申告をすれば、超えた分が所得税から控除されます。

 

これを「所得税の医療費控除」と言います。

 

扶養家族がいる以内にかかわらず、
家族全員の分を加算することができます。

 

もっとも収入が多い人が控除すると有利です。

 

医療費控除の対象となる金額の計算式は、
次のようになります。

 

 

「1年間の医療費の合計」−
「保険金など補填されたお金」−
「10万円(所得が200万円未満なら総所得金額の5%)」=
「医療費控除の対象金額(最高200万円)」

 

これが計算できたら
、この合計額に自分の所得税率をかけ算したものが
控除金額です。

 

医療費控除の対象となるのは、
診察代、入院代、出産費用、歯の治療代、
不妊治療代、薬代、通院時の電車賃や
バス代、緊急時のタクシー代、松葉杖・義歯などの費用です。

 

反対に対象とならないのは、
自家用車で通院した際のガソリン代、
入院時の差額ベッド代、入院用品代(パジャマなど)、
予防接種代、健康維持のためのビタミン剤などです。

 

参考になれば嬉しいです!

 

 

【所得税の医療費控除】医療費が年間10万円を越えたら忘れずに確定申告をしましょう関連ページ

【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる
【傷病手当金】仕事以外の病気やけがで休むと健康保険からもらえる
【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【介護休業給付金】介護のために休むと雇用保険から給付がある。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額療養費制度】医療費が一定額を超えると負担額が軽減されます。
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【高額医療・高額介護合算療養費制度】1年分の介護・医療費が一定額を上回るとお金が戻る
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【障害年金】障害認定を受けると年金が支給されます
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【療養補償給付】仕事中・通勤中のけがや病気は治療費が無料になる
【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます
【休業補償給付】労災による休業期間中は賃金の約8割が支給されます
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【傷病補償年金】長期療養になっても収入が保証されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【障害補償給付】労災によって障害が残った場合に支給されます
【介護補償給付】労災で介護状態になった場合に給付されます
介護補償給付は労災で介護状態になった場合に給付されます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【介護保険制度】介護の心身と金銭面の負担を減らすことができます
【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます
【高額介護サービス費】介護費が高額になった時にお金が戻ってきます
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【難病医療費等助成】難病の重症患者は現在は医療費無料です。
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス
【自治体独自の介護サポート】市区町村独自で行われている介護の上乗せサービス