NISA

【少額投資非課税制度(NISA)】年間100万円までの金融商品の売却益や配当が非課税になります。

 

もらえるお金 届出先

株などの配当や売却益が非課税に。

 

最長5年間で計500万円が
非課税の対象

各金融機関

 

2013年12月末で株式や投資信託などの売却益の
軽減税率10%が廃止されました。

 

14年1月からは税率が20%に戻ります。

 

それに合わせて導入されるのが
「少額投資非課税制度」、
「NISA」といいます。

 

この制度は、年間100万円を上限とした上場株式や
公募株式投資信託などの売買をすると、
それで儲けた利益や配当金が非課税になるという制度です。

 

「NISA」は専用口座を開設しなくては利用できません。
20歳以上の人なら誰でも口座開設ができます。

 

口座開設は1人につき1口座で、
一つの金融機関でしか開設ができないのです。

 

口座は銀行、信託銀行、証券会社、
一部の生命保険会社などの金融機関で開設できます。

 

しかし同時にいくつもの金融機関に口座を開設することはできません。

 

口座開設の注意点として、
金融機関によって扱う金融商品が異なります。

 

例えば「投資信託」の場合、銀行、証券会社、
一部の生命保険会社などで購入することができます。

 

その一方で、「株式投資」を扱っているのは証券会社だけです。

 

また、NISAでは、預金や国債、社債は対象とはなりません。

 

非課税になるのはNISA口座で購入した新規の金融資産のみです。

 

今までの「特定口座」や「一般口座」に保有していた株式や株式投資信託などは、
そのままNISA口座に移行したり、損益を合算したりすることはできません。

 

NISA口座の保有商品が値上がりすれば、
利益が発生して非課税のメリットが受けられますが、
損失が出れば非課税のメリットは受けられません。

 

2013年12月時点では、
NISA口座を開設できる期間は2014年から2023年の10年間です。

 

非課税になる期間は、
口座開設をして投資を始めた年を含め、最長5年間です。

 

5年目の非課税が終了する時点で、
NISA口座に残っている金融商品は100万円を
上限として翌年の非課税枠に繰り越すことができます。

 

ただし100万円を超えた資産については、
繰り越すことができないため「売却」をするか、
「特定口座」や「一般口座」に移行する必要があります。

 

口座を開いていた金融機関を変えるときも、
前年の繰越ができなくなってしまうので注意しましょう。

 

 

NISAの例

 

パターン1

NISA口座で70万円分の株を買いました。
非課税期間5年以内にそれが100万円なりました。
この差額の30万円が非課税になります。
約6万円得します。

 

パターン2

NISA口座で70万円分の株を買いました。
売却するまでに10万円の配当金を受け取りました。
この10万円が非課税になります。
約2万円得します。

 

 

 

 

【少額投資非課税制度(NISA)】年間100万円までの金融商品の売却益や配当が非課税になります。関連ページ

【ふるさと納税】寄付をすると所得税や住民税の控除が受けられます
最近何かと話題のふるさと納税について説明します
【確定拠出年金のマッチング拠出】個人で年金を運用すると所得税控除が受けられます
【確定拠出年金のマッチング拠出】個人で年金を運用すると所得税控除が受けられます