結婚・出産をしたときにもらえるお金

【保存版】知っておきたい!結婚・出産をしたときにもらえるお金記事一覧

もらえるお金届出先一時金42万円健康保険によっては上乗せのお金があることも市区町村(国保の場合)健康保険組合協会けんぽ都道府県支部出産の時にかかる費用はとても高額です。出産は病気ではないので健康保険が効かず、金額自己負担だからです。出産による経済的負担を減らすため、加入している国民健康保険や各健康保険などから支給されるのが「出産育児一時金」です。子供1人につき42万円が支給されます。出産育児一時金...

もらえるお金届出先日給の3分の2を支給退職しても受給できるケースがある健康保険組合協会けんぽ都道府県支部働いている女性が出産のために産休を取り、その間、給料がもらえないときに、健康保険から支給されるのが「出産手当金」です。お金の心配をせずに出産前後に安心して休養できるよう、仕事を休んでる間の生活を保障する意味合いがあります。出産手当金は、健康保険に加入している人なら、契約社員や派遣社員、パート、ア...

もらえるお金届出先月単位で免除老齢厚生年金の受け取り額は減らない仕組みです勤務先年金事務所など出産の時に取得する産前産後休業、いわゆる「産休」の間は、健康保険から出産手当金は支給されますが、約7割の会社からは給料が出ていません。その場合でも、これまでは社会保険(厚生年金・健康保険)の保険料は免除されず、支払わなければなりませんでした。産休中に給料が出なければ、給料から保険料を控除することができませ...

もらえるお金届出先平均約10万円12万円超の手厚い市区町村も。一方低い自治体もある市区町村妊娠中は定期的に妊婦健康診査、いわゆる「妊婦健診」を受ける必要があります。全部で14回前後ですが、保険が効かず全額自己負担。1回の費用が3000円から1万円程度なので、合計するとかなりの金額になります。経済的な心配をせずに妊婦健診が受けられるように、自治体は「妊婦健診費用助成」を行い、14回分の費用を助成して...

もらえるお金届出先10万円超の分の税金が還付確定申告しなければもらえないので注意自分の住所地を所轄する税務署1年間10万円を超える医療費がかかったとき、確定申告で医療費控除の手続きをすれば還付金があることは、ご存じだと思います。妊娠中で出産にかかった費用の中にも、医療費に含めることができ「医療費控除」の対象となるものがあります。出産費用のうち医療費と認められるのは、妊娠健診費、分娩、入院費(出産育...

もらえるお金届出先1回15万円年齢制限や回数制限があります市区町村子供を望んでいるのにかかわらずなかなか妊娠せず、不妊治療を行う夫婦は多数に上ります。その一方で、不妊治療は保険が効かず非常に高額なので、治療を断念する人も少なくありません。不妊治療の中でも高度な技術を要する体外受精や顕微授精は、1回で約20万円から50万円もかかるからです。国は不妊治療による経済的負担を減らすため、「特定不妊治療助成...

もらえるお金届出先月額500円超が無料に自治体によって制度の有無、金額が異なります市区町村妊娠中の病気を早期に発見して治療できるよう、健康保険が適用になる病気などの治療費、入院費を助成するのが「妊産婦医療費助成制度」です。切迫流産の入院費なども対象になります。残念ながら、実施している自治体は全国でも限られています。実施している自治体の多くは、月額数百円から2500円程度の自己負担があり、所得制限を...

もらえるお金届出先最大18万円など自治体によって制度の有無、金額が異なります市区町村出産には何かとお金がかかりますよね。あの気持ちは本当痛いほどわかります。出産育児一時金でも書きましたが、数年前になりますが2010年の出産費用の全国平均は約47万円にもなります。出産育児一時金で42万円が支給されますが、それだけではなかなか賄えないケースも多いです。この不足分を補うために、出産費用の一部を助成してく...

もらえるお金届出先第5子は150万円など自治体によって制度の有無、金額が異なります市区町村子供が生まれると市区町村などによっては「出産祝い金」が出るところがあります。少子化対策や過疎化対策の一面もあるようですが嬉しい制度ですね。全国的にも有名なのは福島県矢祭町です。第1子と第2子には10万円、第3子には50万円、第4子になると100万円、第5子は150万円がもらえます。さらに第3子以降は2歳から1...

もらえるお金届出先旅費,滞在費などを助成自治体によって制度の有無、金額が異なります市区町村国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集」によると、50歳の時点で一度も結婚したことのない「生涯未婚率」は男女とも増加傾向にあり、2010年の男性の生涯未婚率は20%、女性は10%を超えています。数年前のデータですが、年々増加しています。また、2015年には日本の総人口の4人に1人が65歳以上になると言...

もらえるお金届出先5万円から100万円など。自治体によって制度の有無、金額が異なります市区町村全国の人口減に悩むいくつかの市町村では、若い世代に定住してもらい、人口増を図ろうと「結婚祝い金」を支給しています。例えば1965年から2010年までの45年間に、人口が54%近く減少した山梨県身延町では、町に住んでいる人が結婚し、そのまま住み続けると祝い金5万円が支給されます。群馬県桐生市も「過疎地域定住...

もらえるお金届出先5万円から20万円など。自治体によって制度の有無、金額が異なります市区町村人口減に悩む地域では、結婚したカップル本人達だけではなく、仲を取り持った人にも「結婚仲人報酬金」を出している自治体があります。山梨県小菅村では「小菅村若者定住促進の奨励制度」の一つとして、村内に永住しようとしている若者の結婚を成立させた人に、20万円の報奨金を給付してます。この額は、報奨金を出している自治体...