出産育児一時金

【出産育児一時金】出産すると42万円が支給されます

 

もらえるお金 届出先

一時金42万円

 

健康保険によっては
上乗せのお金があることも

市区町村(国保の場合)

健康保険組合
協会けんぽ都道府県支部

 

出産の時にかかる費用はとても高額です。

 

出産は病気ではないので健康保険が効かず、
金額自己負担だからです。

 

出産による経済的負担を減らすため、
加入している国民健康保険や各健康保険などから支給されるのが
「出産育児一時金」です。

 

子供1人につき42万円が支給されます。

 

出産育児一時金は、
出産した本人が国民健康保険や健康保険の被保険者なら、
自分が加入している国民健康保険や健康保険からもらえます。

 

未婚か既婚かは問われません。

 

1年以上健康保険に加入して、退職後6ヶ月以内の出産なら、
働いていた時に加入していた健康保険からもらうことができます。

 

専業主夫など夫が加入している
健康保険の被扶養者になっている人もいるでしょう。

 

その時は夫が加入している健康保険からの支給となります。
この場合は「家族出産育児一時金」と言います。

 

加入している健康保険によっては、
42万円に上乗せした独自の「付加給付」がつくこともあります。

 

市区町村などでも住民の出産費用を助成してるところがあります。
加入している健康保険の種類にもかかわらずもらえますので、

 

住まいの自治体を調べてみることをおすすめします。

 

妊娠中も働いていて、退職してから半年以内に出産したときは、
自分と夫のどちらかの健康保険からも
出産育児一時金をもらうことが可能な場合があります。

 

その時重複してもらうことはできず、
どちらか一方を選択します。

 

加入している健康保険によっては
付加給付があるので,多くもらえる方を選ぶと良いでしょう。

 

出産育児一時金42万円という金額は、
子供1人当たりの額です。

 

ですから双子を出産したときには、
42万円の2倍の84万円が支給されます。

 

帝王切開で出産でも、一部が医療費の扱いとなりますが
やはり子供1人あたり42万円です。

 

なお22週未満で出産した時には、
支給額は子供1人あたり39万円になります。

 

妊娠12週(85日)に達した後の流産や死産でも
出産育児一時金は支給されます。

 

ただし,医療機関への支払い金額が42万円を超えるときには,
不足分は自分で支払はなければならないことを覚えておきましょう。

 

反対に支払い金額が42万円に達していなかったときには、
健康保険に対して差額分を請求することができます。

 

参考になれば嬉しいです!

 

 

【出産育児一時金】出産すると42万円が支給されます関連ページ

【出産手当金】産休中でも給料の3分の2がもらえます
【出産手当金】産休中でも給料の3分の2がもらえます
【産休中の社会保険料免除】子育て家庭の支援のため、2014年4月から始まっています
産休中の社会保険料免除】子育て家庭の支援のため、2014年4月から始まっています
【妊婦健診費用助成】保険がきかない妊婦健診費用を助成してくれます。
【妊婦健診費用助成】保険がきかない妊婦健診費用を助成してくれます。
【出産費用の医療費控除】出産費用の中には医療費控除の対象になるものがあります。
【出産費用の医療費控除】出産費用の中には医療費控除の対象になるものがあります。
【特定不妊治療助成】不妊治療代が1回につき15万円まで助成されます
【特定不妊治療助成】不妊治療代が1回につき15万円まで助成されます
【妊産婦医療費助成制度】妊娠中の病気などによる通院・入院で医療費が助成されます
【妊産婦医療費助成制度】妊娠中の病気などによる通院・入院で医療費が助成されます
【出産支援】家計を助ける市区町村独自の出産支援制度
【出産支援】は家計を助ける市区町村独自の出産支援制度です
【出産祝い金】子供が多いほど、祝い金が増額される自治体もあります
子供が多いほど、祝い金が増額される自治体もあります
【婚活サポート】お見合いイベントや生活体験などで結婚を支援してくれます
婚活サポートはお見合いイベントや生活体験などで結婚を支援してくれます
【結婚祝い金】過疎地域で結婚・定住するともらえます
【結婚祝い金】過疎地域で結婚・定住するともらえます
【結婚仲人報酬金】人口減に悩む地域が設けている制度です
【結婚仲人報酬金】人口減に悩む地域が設けている制度です