出産手当金

【出産手当金】産休中でも給料の3分の2がもらえます

 

もらえるお金 届出先

日給の3分の2を支給

 

退職しても受給できるケースがある

健康保険組合

協会けんぽ都道府県支部

 

働いている女性が出産のために産休を取り、
その間、給料がもらえないときに、
健康保険から支給されるのが「出産手当金」です。

 

お金の心配をせずに出産前後に安心して休養できるよう、
仕事を休んでる間の生活を保障する意味合いがあります。

 

出産手当金は、健康保険に加入している人なら、
契約社員や派遣社員、
パート、アルバイトの人でも支給されます。

 

以前は、退職して半年以内の人や健康保険を任意継続している人も
貰うことができましたが、現在は対象外になっています。

 

また市町村国民健康保険料には、この制度がありません。

 

出産手当金の対象となるのは、出産日前も42日(多胎妊娠では98日)と、
出産日の翌日から56日までの期間のうち、実際に産休をとった日です。

 

出産日が予定日より遅くなったときは、
遅くなった日数がプラスされますが、

 

予定日より早くなったときには、
その分、出産日前の日数が減るので、
出産手当金の額も減ってしまいます。

 

出産手当金は、
もらっていた給料をもとに計算しますので、
人によって金額が違います。

 

出産手当金の1日あたりの金額は、
標準報酬日額の3分の2です。

 

その金額が産休をとった日数分もらえるのです。

 

標準報酬日額は、おおよそ標準報酬月額
(残業代、通勤手当、住宅手当などを含めた1ヶ月の賃金の平均)
を30で割ったものと考えればよいでしょう。

 

例えば,標準報酬月額24万円(1日あたり8000円)の場合は、
出産手当金の支給額は、
1日につき8000円×3分の2=5333円です。

 

したがって,予定通りに産まれた場合は、
5333円×98日=52万2634円の出産手当金が支給されます。

 

もし産休中に給料が出ていても、
出産手当金よりも金額が低い時には、差額をもらうことができますが

 

給料が出産手当金を上回る時には、出産手当金は支給されません。
なお退職しても出産手当金をもらえることがあります。

 

それは退職までに健康保険の被保険者期間が継続して1年以上あり、

 

次の1か2にいずれかに当てはまる場合です

 

1.退職した時点で、すでに出産手当金の支給を受けている。

 

2.出産日以前42日目が健康保険の加入期間に含まれ
かつ退職日に出勤していない。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

 

【出産手当金】産休中でも給料の3分の2がもらえます関連ページ

【出産育児一時金】出産すると42万円が支給されます
【出産育児一時金】出産すると42万円が支給されます
【産休中の社会保険料免除】子育て家庭の支援のため、2014年4月から始まっています
産休中の社会保険料免除】子育て家庭の支援のため、2014年4月から始まっています
【妊婦健診費用助成】保険がきかない妊婦健診費用を助成してくれます。
【妊婦健診費用助成】保険がきかない妊婦健診費用を助成してくれます。
【出産費用の医療費控除】出産費用の中には医療費控除の対象になるものがあります。
【出産費用の医療費控除】出産費用の中には医療費控除の対象になるものがあります。
【特定不妊治療助成】不妊治療代が1回につき15万円まで助成されます
【特定不妊治療助成】不妊治療代が1回につき15万円まで助成されます
【妊産婦医療費助成制度】妊娠中の病気などによる通院・入院で医療費が助成されます
【妊産婦医療費助成制度】妊娠中の病気などによる通院・入院で医療費が助成されます
【出産支援】家計を助ける市区町村独自の出産支援制度
【出産支援】は家計を助ける市区町村独自の出産支援制度です
【出産祝い金】子供が多いほど、祝い金が増額される自治体もあります
子供が多いほど、祝い金が増額される自治体もあります
【婚活サポート】お見合いイベントや生活体験などで結婚を支援してくれます
婚活サポートはお見合いイベントや生活体験などで結婚を支援してくれます
【結婚祝い金】過疎地域で結婚・定住するともらえます
【結婚祝い金】過疎地域で結婚・定住するともらえます
【結婚仲人報酬金】人口減に悩む地域が設けている制度です
【結婚仲人報酬金】人口減に悩む地域が設けている制度です