出産祝い金

【出産祝い金】子供が多いほど、祝い金が増額される自治体もあります

 

もらえるお金 届出先

第5子は150万円など

 

自治体によって制度の有無、
金額が異なります

市区町村

 

子供が生まれると市区町村などによっては
「出産祝い金」が出るところがあります。

 

少子化対策や過疎化対策の一面もあるようですが嬉しい制度ですね。

 

全国的にも有名なのは福島県矢祭町です。

 

第1子と第2子には10万円、第3子には50万円、
第4子になると100万円、第5子は150万円がもらえます。

 

さらに第3子以降は2歳から11歳まで毎年5万円ずつ、
計50万円の「健全育成奨励金」まで出るのです。

 

山梨県北杜市も手厚いです。

 

第2子は5万円、第3子は30万円、
第4子以降は50万円がもらえます。

 

東京都練馬区でも第3子以降の
子供1人につき20万円が支給されます。

 

現金ではなく、品物や商品券などを贈る自治体もあります。

 

東京都新宿区では、友好提携都市である
長野県伊那市で作られた木工のおもちゃや食器など
8種類の中から、好きなものを一つ選べる仕組みです。

 

東京都中央区では、3万円分の区内共通買い物券がもらえます。

 

お住まいの市区町村にも出産祝い制度があるかどうかぜひ調べてみてください。

 

【出産祝い金】子供が多いほど、祝い金が増額される自治体もあります関連ページ

【出産育児一時金】出産すると42万円が支給されます
【出産育児一時金】出産すると42万円が支給されます
【出産手当金】産休中でも給料の3分の2がもらえます
【出産手当金】産休中でも給料の3分の2がもらえます
【産休中の社会保険料免除】子育て家庭の支援のため、2014年4月から始まっています
産休中の社会保険料免除】子育て家庭の支援のため、2014年4月から始まっています
【妊婦健診費用助成】保険がきかない妊婦健診費用を助成してくれます。
【妊婦健診費用助成】保険がきかない妊婦健診費用を助成してくれます。
【出産費用の医療費控除】出産費用の中には医療費控除の対象になるものがあります。
【出産費用の医療費控除】出産費用の中には医療費控除の対象になるものがあります。
【特定不妊治療助成】不妊治療代が1回につき15万円まで助成されます
【特定不妊治療助成】不妊治療代が1回につき15万円まで助成されます
【妊産婦医療費助成制度】妊娠中の病気などによる通院・入院で医療費が助成されます
【妊産婦医療費助成制度】妊娠中の病気などによる通院・入院で医療費が助成されます
【出産支援】家計を助ける市区町村独自の出産支援制度
【出産支援】は家計を助ける市区町村独自の出産支援制度です
【婚活サポート】お見合いイベントや生活体験などで結婚を支援してくれます
婚活サポートはお見合いイベントや生活体験などで結婚を支援してくれます
【結婚祝い金】過疎地域で結婚・定住するともらえます
【結婚祝い金】過疎地域で結婚・定住するともらえます
【結婚仲人報酬金】人口減に悩む地域が設けている制度です
【結婚仲人報酬金】人口減に悩む地域が設けている制度です