加給年金

【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます

もらえるお金 届出先

年額約39万円

 

子供がいるとさらに加算されます

年金事務所

 

厚生年金に長く加入していると65歳以降に、
扶養手当のようなものが加算される場合があります。

 

これを「加給年金」と言います。

 

加給年金をもらうためにはいくつかの要件があります。

 

まず被保険者(男女の区別はありませんが、
多くの場合は夫)の要件として、
厚生年金に20年以上加入していることが必要です。

 

配偶者(多くの場合は妻)は、

@65才未満で年収が850万円未満
A老齢厚生年金(20年以上加入)を時給していないこと
B障害年金を受給していないことなどです。

 

被保険者と配偶者の成型は同じでなくてはなりません。

 

加給年金の意味合いは被保険者に対する扶養手当なので、
配偶者に十分な収入や年金額がある場合は支給されないのです。

 

加給年金は配偶者が65歳になると支給停止となりますから、
加給年金を受け取れるのは配偶者が年下のみに限定され、
年上の配偶者は加給年金がもらえないことになります。

 

加給年金額は38万9200円です。

 

さらに子供1人なら22万4000円、2人なら44万8000円。

 

以降1人増えるごとに7万4600円が加算されます。

 

【加給年金】年下の配偶者(妻)がいる会社員に支給されます関連ページ

【老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
老齢基礎年金】国民年金に加入している人がもらう年金です
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【老齢厚生年金】会社に勤めている人がもらう年金のことです。
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【保険料の免除措置】保険料が払えなくなったときは免除や猶予の手続きをしましょう
【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります
【在職老齢年金】60歳以降に働くと年金額が減額になることもあります
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよう
【年金の繰り下げ】繰り下げはおすすめ、逆に繰り上げはよく考えよ
【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます
【配偶者の振替加算】配偶者(妻)が65歳を超えると振替加算が上乗せされます
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります
【非課税貯蓄制度】条件を満たすと預貯金などの利子所得が非課税になります
【高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。
高齢者医療制度】65歳からの医療制度は「前期高齢者」と「後期高齢者」の二つです。