【保存版】知っておきたい!災害にあったときにもらえるお金

【保存版】知っておきたい!災害にあったときにもらえるお金記事一覧

もらえるお金届出先最大300万円住宅の建設・購入や補修、賃借にも使えます市区町村居住していた住宅が、自然災害によって被害を受けた世帯に都道府県と国から支援金が支給されます。これを「被害者生活再建支援制度」と言います。この制度が利用できるのは「住宅が自然災害(地震・津波・液状化などの地盤被害)により全壊、大規模半壊した世帯が10世帯以上ある市町村の被災世帯」が対象です。支援金を受けるには市町村から羅...

もらえるお金届出先220万円〜を低利で貸し付け世帯人数が多いと貸付額も多くなります市区町村「災害援護資金」は、都道府県内で「災害援助法」が適用された被災世帯に、債権に必要なお金を貸しつけてくれる制度です。受給できるのは、世帯を支える人が負傷して療養が必要になったときや、住居、家財に被害を受けた人が対象です。貸付限度額は350万円です。貸付金には所得制限があり、市町村民税における前年の総所得金額が1...

もらえるお金届出先所得税全額が控除となる場合も確定申告をする必要があります自分の住所地を所轄する税務署自然災害や盗難などの予期せぬ事態に遭遇し、資産を失うことがあります。損害を受けた資産の救済策として、確定申告をすると税制面で有利になります。このようなとき利用できるのが「雑損控除」または「災害減免法」です。「雑損控除」では、自然災害や盗難、または横領によって資産を損失した場合に、所得控除が受けられ...

もらえるお金届出先2〜5万円自然災害だけでなく火災被害にも支給市区町村2013年9月、埼玉県や千葉県で家が倒壊する竜巻被害がありました。このような自然災害で家が倒壊し、被災した世帯には市町村から「災害見舞い金」が支給されます。被災者は自治体に申請書を提出し、各自治体の定めている要件に該当することが条件です。茨城県では県独自の「茨城県災害見舞い金制度」を設定。これは県内で発生した自然災害や火災により...

もらえるお金届出先最大500万円大規模な災害が対象となります市区町村2011年3月に起きた「東日本大震災」では、地震や津波で多くの方が犠牲になりました。このとき、自然災害で亡くなった方の遺族に支給されたのが「災害弔慰金」です。住んでいた市町村から認定を受けると支給されます。この災害弔慰金や、災害障害見舞い金に該当する自然災害は、以下の条件を満たすような比較的大きな災害の場合です。@1市町村において...

もらえるお金届出先最大250万円大規模な災害が対象となります市区町村自然災害にあったことが原因で病気やけがをして、そのあとも後遺症として障害が残った時に支給されるのが「災害障害見舞い金」です。この「災害障害見舞い金」は「災害弔慰金」と同じように住んでいる市町村から支給されます。支給されるのは重度の障害が残った人(両眼失明・要常時介護・両上肢ひじ関節以上切断など)です。支給額は、生計を維持している人...