災害援護資金

【災害援護資金】生活を再建する時にお金を貸しつけてくれる制度です

 

もらえるお金 届出先

220万円〜を低利で貸し付け

 

世帯人数が多いと
貸付額も多くなります

市区町村

 

「災害援護資金」は、
都道府県内で「災害援助法」が適用された被災世帯に、
債権に必要なお金を貸しつけてくれる制度です。

 

受給できるのは、
世帯を支える人が負傷して療養が必要になったときや、
住居、家財に被害を受けた人が対象です。

 

貸付限度額は350万円です。

 

貸付金には所得制限があり、
市町村民税における前年の総所得金額が
1人の場合は220万円、
2人では430万円、
3人では620万円、
4人では730万円、
5人以上では1人増えるごとに730万円に
30万円ずつ加算した額になります。

 

ただし、その世帯の住居が滅失した場合は1270万円になります。

 

滅失とは、建物が物理的に倒壊した場合ではなく、
社会経済的にみて建物の価値がなくなった場合も含み、
全壊+半壊の一部(それぞれの状況によって異なる)をさします。

 

金利は低金利で年率3%。償還期間は10年とし、
措置期間(3年、特別の場合は5年)は無利子になります。

 

【災害援護資金】生活を再建する時にお金を貸しつけてくれる制度です関連ページ

【被災者生活再建支援制度】自然災害で家が全壊、大規模半壊した場合に支給されます。
被災者生活再建支援制度】自然災害で家が全壊、大規模半壊した場合に支給されます。
【雑損控除・災害減免法】災害にあった時、確定申告で所得税の控除が受けられます。
【雑損控除・災害減免法】災害にあった時、確定申告で所得税の控除が受けられます
【災害見舞い金】自然災害や火災被害を受けた被災者への見舞い金のことです
【災害見舞い金』自然災害や火災被害を受けた被災者への見舞い金のことです
【災害弔慰金】自然災害で亡くなった人の遺族に支給されます
【災害弔慰金】自然災害で亡くなった人の遺族に支給されます
【災害障害見舞い金】自然災害が原因で障害が残った場合に支給されます。
【災害障害見舞い金】自然災害が原因で障害が残った場合に支給されます。