埋葬料・家族埋葬料

 

【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます

 

もらえるお金 届出先

5万円〜

 

請求は2年以内

市区町村(国保の場合)

健康保険組合
協会けんぽの都道府県支部

 

人の死は悲しいことですが、それでも残された家族はさまざまな手続きをしなければいけません。

 

被保険者や被扶養者が亡くなったとき、それまで加入してた健康保険に健康保険証を返却し、埋葬料支給の手続きをします。

 

手続きをすると葬儀を行った人に対してお金が支給されます。

 

被保険者が死亡して、葬儀を行った家族に支給されるお金を「埋葬料」と言います。

 

親戚や知人など、実際に葬儀を行った人に支給されるお金は「埋葬費」。

 

被扶養者が亡くなったときは、被保険者に「家族埋葬料」が支給されます。

 

「国民健康保険」では扶養の有無にかかわらず「葬祭費」が支給されます。

 

金額は,「埋葬料」「家族埋葬料」は一律5万円。

 

「埋葬費」は葬儀代、火葬代など実際にかかった費用で5万円の範囲内となっています。

 

加入している組合によって「埋葬料」とは別に、「埋葬付加金」が給付されることもあります。

 

「葬祭費」は自治体によって異なりますが、1万から7万円と開きがあります。請求はいずれも2年以内に行わなくてはいけません。

 

【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます関連ページ

【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます