未支給失業給付

【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です

 

もらえるお金 届出先

失業給付分の金額

 

申請は亡くなってから1ヶ月以内

ハローワーク

(公共職業安定所)

 

失業中に「失業給付」をもらっていた人が亡くなった時、
遺族は本人がもらうはずだった「失業給付」
(死亡日の前日までの基本手当)
を受けとることができます。

 

これを「未支給失業給付」と言います。

 

受給できる優先順は、
亡くなった人と生計を同じくしていた
配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の中の1人だけです。

 

本来「失業給付」を受給するには、
受給資格者本人が失業保険の認定日に
ハローワークに行き、求職活動を行っている認定をもらう必要があります。

 

前回の認定日から亡くなる前日まで失業していたときは、
受給権のある遺族が代わりに認定を受け受給します。

 

なお、教育訓練給付、高年齢雇用継続給付、
育児休業給付なども同様です。

 

ただし、請求期限は死亡日の翌日から1ヶ月以内と短く、
死亡を知らなかったとしても、
死亡日の翌日から6ヶ月を経過
すると請求できなくなります。

 

参考になれば嬉しいです!

 

【未支給失業給付】死亡した人の遺族に給付される失業給付です関連ページ

【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【埋葬料・家族埋葬料】健康保険の加入者や家族が亡くなった時に支給されます
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族基礎年金】子供がいる遺族に給付される年金
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【遺族厚生年金】会社員の遺族に給付される年金です
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【中高齢寡婦加算】子供がいない40歳以上の妻が残されたとき加算されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【寡婦年金】第1号被保険者の妻に60歳から64歳まで給付されます
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【死亡一時金】遺族基礎年金をもらえない人に支給される一時金です。
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【遺族補償年金】仕事中などに亡くなった人遺族のための年金です
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます
【未支給年金給付】年金受給者が亡くなったとき未支給分の年金を請求できます