【児童扶養手当】18歳までの子供がいるひとり親家庭を経済的に支援

【児童扶養手当】18歳までの子供がいるひとり親家庭を経済的に支援

 

もらえるお金 届出先
月額1万円から約4万円


2人以上の場合は加算あり

市区町村

 

両親が離婚したり、両親のどちらかがなくなったなどの理由で、
ひとり親家庭となっている子供の父や母、
または養育者に支給されるのか「育児扶養手当」です。

 

両親のどちらかに重度の障害がある場合や,
DV保護命令が出ている時なども該当します。

 

支給を受けることができるのは,子供が18才に達した最初の3月末まで
(子供の心身に障害がある時は,子供が20歳に達する月まで)です。

 

手当の額は月額4万1140円で、
子供が2人以上の時には,加算があります。

 

子供の人数と所得によっては,一部支給となる場合や,
支給されないことがあります。

 

例えば子供1人の場合、
前年所得が57万円未満なら全額支給ですが、

 

57万円以上230万円未満だと一部支給、
230万円以上だと所得制限のために支給されません。

 

また死亡について支給される公的年金や労災法の
遺族補償給付などを受けている場合ももらえません。

 

詳細についてはお住まいの市区町村に問い合わせると良いでしょう。

 

 

児童扶養手当の支給要件